ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテクノロジーズ

サーモフィッシャー エネルギー分散型X線分析装置 NORAN System Seven

EDXの充実した基本性能に加え、オーバーラップする元素のピーク分離マッピングが可能です。自動で主成分を抽出するCompassソフト、指定エリアの生スペクトルを抽出するXphaseソフトをオプションで備え、さらにCompass、Xphaseを試料測定中にリアルタイムで動作させ、結果表示するDirect to Phaseソフトがバージョン2で加わりました。

価格: 14,600,000円~

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

    特長

    モジュール化された各々の分析画面により、1つのインターフェースから、すべての分析を行うことができます

    • データ収集設定、データ収集、分析、データ管理そしてレポート作成
    • ソフトは使いやすく、複雑な操作は不要
    • 検出器は液体窒素冷却型、電子冷却型より選択可能

    元祖・最速のリアルタイム相分析、しかも高分解能

    用途に応じ、NSS112E、NSS212E、NSS312Eの3タイプを用意

    • 日本語版 Windows®対応
    • 業界トップの自動定性機能
    • スペクトルチェック機能
    • スペクトルイメージングデータの保存
    • ピーク分離のできる定量マッピング、定量ラインスキャン

    豊富なオプションソフトで分析をサポートします

    • ドリフト補正ソフトウェア
    • 粒子解析ソフトウェア
    • 自動相分析ソフトウェアCOMPASS など

    仕様

    アナライザー

    項目NSS112E
    X線スペクトル解析システム
    NSS212E
    スペクトルイメージングシステム
    NSS312E
    リアルタイム相分析システム
    スペクトル収集、定性、定量、
    スペクトルチェック
    X線マッピング ×
    ポイント&シュート ×
    スペクトルイメージング ×
    定量ラインスキャン ×
    ドリフト補正 × オプション
    COMPASS(自動主成分分析) × オプション
    Xphase(相分析) × オプション
    スペクトルマッチ オプション オプション
    Direct to Phase (リアルタイム相分析) × ×
    粒子解析 × オプション オプション
    共通仕様インプットレート 1,000,000cps以上
    保存レート 300,000cps以上
    電源 50~60Hz、100/120/230/240V AC
    消費電力 120W(PC、モニタ含まず)
    使用環境 湿度 動作時20~80%、32℃ にて凝結しないこと
    温度 動作時10~40℃
    寸法/重量 171(W)×318(D)×380(H)(mm), 約11kg

    検出器

    項目UltraDry 100UltraDry 10UltraDry 30UltraDry 10
    検出素子面積 100mm2 60mm2 30mm2 10mm2
    分解能 Platinum 136eV 134eV 127eV 123eV
    分解能 Premium 140eV 139eV 129eV 126eV
    分解能 Standard - - 134eV 129eV
    冷却方法 ペルチェ(電子)冷却 ペルチェ(電子)冷却 ペルチェ(電子)冷却 ペルチェ(電子)冷却