ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

ナノアート

2018年度作品「海中に咲くサボテンの花」

海中に咲くサボテンの花

©(株)日立ハイテク アプリケーション開発部
谷友樹、宮木充史

イカから採取した寄生虫ニベリニアを観察しました。頭部から突き出る吻(固着器官)が海中に咲くサボテンの花のようです。イオン液体処理することで、試料構造を壊すことなく観察できました。皆様の食卓でもひっそりと花を咲かせているかもしれません。

2018年(第74回)日本顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:ニベリニア
  • 測定装置:走査電子顕微鏡 SU3500
  • 信号:二次電子
  • 加速電圧:1.5 kV
  • 倍率:270倍
  • 前処理:8% GA固定、5% イオン液体
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: nanoart®に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: nanoartは(株)日立ハイテクの日本国内における登録商標です。