ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

ナノアート

2021年度作品「ミクロのパートナーシップ」

2021年度作品「ミクロのパートナーシップ」

© 島根県立松江南高校 石倉 要
© 鳥取大学医学部 稲賀 すみれ
© (株)日立ハイテク 市川 薫、高木 幸太

~核のバトンパス・シイタケ二次菌糸のクランプコネクション~
シイタケの二次菌糸は、直径7μm程度の極めて細い細胞内に別々の胞子に由来する二つの核をもつ。細胞分裂に際し、一方の核が分裂するとその間に隔壁ができ、もう一方の核は、二つの菌糸を外側から連結する“クランプコネクション”を通路として、分裂後の娘核を送り届ける。白金ブルー染色して低真空SEM(反射電子)で観察すると、光顕像や二次電子像と印象が違い、まるで菌糸同士が核を「バトンパス」しているように見える。

2021年(第77回)日本顕微鏡学会
写真コンクール 出展作品

撮影条件

  • 試料:生シイタケの柄の菌糸(白金ブルー染色)
  • 測定装置:卓上顕微鏡 Miniscope TM3030Plus
  • 加速電圧:15 kV
  • 検出信号:反射電子
  • 観察倍率:x5,000
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: nanoart®に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: nanoartは(株)日立ハイテクの日本国内における登録商標です。