ページの本文へ

Hitachi

技術機関誌 SI NEWS日立ハイテクノロジーズ

バイオメディカル分野からソフトマテリアル分野まで、幅広い分野の解析を簡単操作で支える装置として日立透過電子顕微鏡"HT7800 シリーズ"を開発しました。広視野・高コントラスト観察を実現する"HT7800"と軸上格子分解能0.19 nmを実現した"HT7830"をラインナップを揃えています。
加速電圧20 kV から120 kV まで利用可能で、従来モデルで実現した明るい部屋での操作環境を踏襲しています。モニターに一元化されたTEM 操作に、新たにイメージナビゲーション機能を加え、視野探しやルーティン撮影のサポートを充実しました。また、日立独自のアルゴリズムによるつなぎ写真撮影や3Dトモグラフィーのための自動連続傾斜像取得機能*を標準装備するとともに、各種オプションの充実もはかり、多様な観察を提供してまいります。
(* HT7800 のみ)

  HT7800 HT7830
電子源 WまたはLaB6 LaB6
加速電圧 20 - 120 kV
格子分解能 0.20 nm(Off-axis、100 kV) 0.19 nm(On-axis、120 kV)
最大倍率 ×600,0000 ×1,000,0000
最大傾斜確度 ±70° ±10°

製品画像

関連製品カテゴリ

関連する記事

さらに表示

卓上顕微鏡| Miniscope TM4000/TM3030Plus/TM3030 スペシャルサイト

ハイテクEXPO

走査電子顕微鏡 FlexSEM 1000

中型プローブ顕微鏡システム AFM5500M