ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクフィールディング

公共性の高いシステムにおいては、装置の安定稼動が不可欠です。信頼性・保守性向上のために、DDW-3000シリーズへの更新を、お勧めいたします。

取扱会社:株式会社 日立ハイテクフィールディング

一式更新

DDW-1000からDDW-3000へ

部分更新

更新計画の一連

  • 親局から・子局からなど、局単位の順次更新
  • 重要設備からの順次更新

特長

  • DDW-3000とDDW-1000間の通信は、互換性があります
  • DDW-3000は、1局単位での更新が可能です。
  • お客様のご要望に応じた組み合わせで更新が行えます。

部分更新のメリット

信頼性の向上

電源モジュールは、長寿命化を実現(10 年 at 30°C)*1。他モジュールは電解コンデンサレス、バッテリーレスのため定期交換が不要となり、信頼性が向上します。

消費電力の削減

DDW-1000シリーズと比較して消費電力を最大12% 削減することができ、節電効果が期待されます。

効率良い更新作業

入出力信号の端子配列が同一のため、既設端子板をそのまま使用することが可能です。
また、警報信号の端子配列も同一のため、既設部と同様の配線で更新作業が行え、工事期間の短縮および更新費用の削減が図れます。

本体は既設盤内に収納可能

既設盤内に本体が収納できるよう、DDW-1000と互換の取付寸法となる取付金具をご用意しています。

停電通報伝送機能を標準装備

回線異常やテレメータ故障のほか、子局停電の検出機能を標準装備。親局で子局の異常を検知することが可能です(2400/1200/300bps 仕様)。

優先伝送機能

表示入力(SV)、ポンプ故障、水位警報など状態変化時の情報を、優先して親局に伝送します。

*1
電源モジュールの寿命は、ご使用環境により異なります。

代表的な更新例

*2
DDW-3000シリーズでの親局統合には、集中監視装置にFL-net の通信環境が必要となります。
*3
通信速度が200bps のDDW-1000シリーズで部分更新を行う場合、既設側のモデムを1200bps(型式:MD1200A)のタイプに交換となります。

ご相談・お問い合わせ先

製品・サービスについてのご相談・お問い合わせは、サポート情報をご覧ください。