ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

「CSR報告書2007」、英語版、中国語版を発行

-中国語版を初めて発行、広く海外のステークホルダーに情報を開示-

株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:大林 秀仁/以下、日立ハイテク)は、このたび「CSR報告書2007」の英語版、中国語版を発行しました。
(なお、日本語版については、2007年6月に発行済みです)

当社は2002年に初めて「環境報告書」を発行し、2005年からは「CSR報告書」へと内容を刷新しました。当社のCSR活動を広く社内外のステークホルダーの皆様にご理解いただくため、今回は「ハイテク・ソリューションによる社会への貢献」として、CSR活動の現場に携わる多くの社員が登場して、製品・技術によるソリューション提供の状況、社員のCSRマインド、社員への支援制度についての具体的な事例を紹介しています。
すでに英語版については、2005年より発行していましたが、よりグローバルな情報開示を行うとともに、CSR意識の醸成を目指し国内外の全グループ社員(約1万人)に「CSR報告書」を配付するため、今年から新たに中国語版も発行しました。

日立ハイテクは、2006年4月にCSR・環境推進部を発展的に改組したCSR推進本部を新設して、企業の社会的責任および環境経営の推進を一層強化しています。
それら活動の報告として発行した「CSR報告書」を、今後も毎年継続的に発行することで情報開示に努め、国内外のステークホルダーの皆様に信頼され、かつ魅力ある企業となるべく努めていきます。

「CSR報告書2007」(ダイジェスト版冊子)の主な内容

  • 「日立ハイテクのCSR」: 当社のCSRビジョンを基本理念と企業ビジョンをもとに説明
  • 「トップコミットメント」: 経営トップが語るCSRへの取り組み姿勢
  • 「ハイテク・ソリューションによる社会への貢献」: 製品・技術によるソリューションの提供、社員のCSRマインド、CSRに取り組む社員を支える制度
  • 「CSR活動報告」:  企業統治や遵法体制について説明する「マネジメント」、全国規模でのISO9001認証取得により向上を目指す「顧客満足」、環境保全活動全般を紹介する「環境報告」、その他、「社会貢献活動」、「企業概要・経済性報告」で構成
*
「CSR報告書」は下記ウェブサイトにて公開しています。
http://www.hitachi-hitec.com/about/profile/csr/index2.html

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

お問い合わせ先
CSR推進本部 環境推進部
担当:小笠原  TEL:03-3504-7141
報道機関お問い合わせ先
社長室 広報・IRグループ
担当:塩澤  TEL:03-3504-5637
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。