ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

ナノ・アート(光と影)

©日立計測エンジニアリング(株) 多持隆一郎、中川美音

まるで、ピカソ、マチスの作品を連想させるような幻想的な世界が、SEMのカラー化により実現されました。
実は、この正体はフィルム上に付着していたゴミで、本来ならば厄介物として闇に消される運命でした。しかし、カラーSEM像が、このゴミをナノ・アートとして、見事に蘇らせました。

1993年(第49回)日本電子顕微鏡学会
写真コンクール 入賞作品

撮影条件

  • 試料:フィルム上のゴミ
  • 測定装置:超高分解能電界放出形走査電子顕微鏡 S-5000
  • 撮影倍率:50,000倍
  • 加速電圧:20 kV
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。