ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

ミクロガーデン

©(株)日立ハイテクノロジーズ 振木昌成、塩野正道、伊藤寛征、檀紫、西村雅子
©太成学院大学 人間学部 尾上孝利

低真空SEMとクールステージを用いて、星状毛を有する葉表面を生の状態で観察した例です。この星状毛は、葉の表面の乾燥を防ぐといった蒸散作用の調節機能を担っています。その造形美と共に、微細な構造が果たす役割の重要性を思うと、自然界の神秘さには驚かされます。
星状毛のひとつひとつが咲き誇る花のようで、葉の表面がまるでお花畑のように見えませんか?

2005年(第61回)日本顕微鏡学会
写真コンクール 優秀作品賞受賞作品

撮影条件

  • 試料:星状毛を有する植物の葉
  • 測定装置:走査電子顕微鏡 S-3500N+クールステージ
  • 撮影倍率:50倍
  • 加速電圧:15 kV
  • 試料室内圧力:40 Pa
  • 試料ステージ温度:-20℃

試料ご提供:太成学院大学 人間学部 尾上孝利様

*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。