ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

ナノアート

アーチ橋に灯る明かり

©(株)日立ハイテクノロジーズ 鈴木裕也、今野充、東淳三
©(株)日立ハイテクフィールディング 西元有香

FIB加工技術を用いて、シリコンウエハーから取り出したミクロンサイズのブロックから高さ約15µmのガス灯が立ち並ぶアーチ橋を作製し、観察したSIM像です。このミクロンサイズの橋は、信濃川に架かる萬代橋をイメージしました。FIB加工技術の進歩により、萬代橋の重厚感や構造の美しさが再現されています。

2007年(第63回)日本顕微鏡学会
写真コンクール 最優秀賞受賞作品

撮影条件

  • 試料:シリコン単結晶
  • 加工装置:集束イオンビーム加工観察装置 FB-2100
  • 撮影倍率:3,500倍
  • 加速電圧:40 kV
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: 「nanoart」に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: 「nanoart」は(株)日立ハイテクノロジーズの日本国内における登録商標です。