ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

この度透過型電子顕微鏡の試料作製技術について連載で書くことになりました。多少前後することがあるかもしれませんが、上述の目次の順序で書き進み、毎月1回追加更新し、1年ほどで終了したいと考えております。
この連載では使用頻度の高い重要な方法を中心に実践できるように解説します。そのため、現在ではあまり使われない技法や電子顕微鏡の結像理論に関しては後の方で紹介することになります。また、細胞培養や免疫ブロッティングなどのように電子顕微鏡と直接関係ない他分野の方法でも基本的であり、形態学研究者としてその習得が必須であると考えられる方法は解説する予定です。
これらの技術を学習することにより一通りの構造細胞生物学研究が可能になることを目指しています。また、紹介する技法により何が観察でき、どのようなことが明確になるかも説明します。
また、web上での公開ですので参考文献は重要なものにとどめたいと考えています。

41ページ中1ページ

  • * 当サイトに掲載している文章・画像などの無断転載を禁じます。