ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

NEWSNEWS&イベント

2021.07.16

人事ブログ★2021/7/16更新★

就活お役立ち情報

こんにちは!

日立ハイテクソリューションズ 採用担当 南です。


本日のテーマは、【メールのマナー】です。


最近は、メッセージアプリ・チャット・SNSでの

コミュニケーションが主流になっていますよね。


メールアドレスを持っていても、大学でのレポート提出や就職活動で、

初めてメールで文章を送るという人も多いかもしれません。


そんな皆さんに、小さなことに見えて意外とうっかりしがち?な

メールのマナーを5点、お伝えします!


1.<件名>つけ忘れてないですか?

 ありがちミスNo.1!これ、読んでもらえないこともありますよ。


2.名乗っていますか?<自分の名前と所属>

 送る相手は、日々多くの人から連絡が来ているかもしれません。

 どこの誰からの連絡か一目でわかるよう、署名だけでなく文頭で名乗ることが重要です。

 所属は必ずしも学校名でなく、相手や場面に応じ、自分が何者か伝わるものにしましょう。


3. 送り先の<宛名>間違ってないですか?

 名前の漢字や会社名、「様」や「御中」など、最後にもう一度確認しましょう。


4. 自分の<表示名>把握していますか?

 メールサービスによっては、受信者側の表示名を設定できるものがあります。

 就職活動や大学でのみ使用するアドレスなら、氏名に設定するとよいですね。

 プライベートでも使うアドレスなら、誰が見ても大丈夫なものか確認しましょう。

 たまに、ダジャレやキャラクター名になっている方、見受けられますよ(笑)


5.見られているかも?<送信時間>には注意!

 メールは相手の時間を拘束せず、都合の良い時にいつでも確認できるのが利点。

 とはいっても、何も気にせず深夜などにメールを送ると、非常識と受け取られてしまうことも。

 あるいは、「いつもこんな遅くまで起きているのかな…」と無用な心配をかけてしまうかも。

 緊急の場合でなければ、営業時間内などに送るのがベストです。


いかがでしょうか?

そんなの知ってるよ!というものばかりだったかもしれませんが、

頭でわかっていても、意外と抜けていることも。

今一度、確認してみてくださいね。