ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

予兆・診断システム「BD-CUBE」

日立ハイテクの予兆・診断システム「BD-CUBE」は“いつもと違う状態”を高精度に検知し、プロセス異常の早期発見、要因解析の効率化をサポートします。

概要

お客さまの課題

  • 膨大なデータから異常点を探すのが困難
  • 品質バラツキの原因がはっきりしない
  • 異常ロットと正常ロットの違いがつかめない

予兆・診断システム「BD-CUBE」

  • 複数センサの挙動を一度に診断
  • 複数のバッチプロセスや連続プロセスに対応
  • 異常を高精度で検知し、影響センサを抽出
  • プロセスデータの収集・解析を自動化

収集・蓄積データの定期的な解析によりプロセス状態をリアルタイムに監視

  • 分析計オンライン接続、自動計算によりヒューマンエラーを防止します。

機能

解析・診断の機能

予兆・診断結果の表示

評価機能

複数センサを総括した評価診断

  • 複数センサの挙動を考慮した正常モデル作成方式
  • 異常判定のしきい値自動算出および設定

オンラインモードによる診断

  • プロセスデータの自動蓄積・自動診断
  • 定周期診断によるリアルタイム異常検出
  • 機関/装置/品種によるデータの絞り込み可能

オフラインによる診断

  • 蓄積済みデータの解析
  • プロセスデータの任意取り込み

監視機能

目的に合わせた監視画面の表示

  • バッチ/連続プロセスの監視画面切り替え表示
  • 診断結果からの掘り下げによる詳細画面表示
  • 期間/装置/品種による対象データの抽出機能

異常検知情報の外部インターフェイス

  • 制御装置へ、オンラインで診断結果を通知

遠隔監視に対応したシステム構成

  • Webブラウザによる操作監視

システム構成例

システム構成例

関連製品