ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2020年社長年頭挨拶(要旨)

自律性を高め、グローバル市場で無くてはならない存在になろう

2020年1月6日

株式会社 日立ハイテクノロジーズ
執行役社長 宮﨑 正啓

 新年あけましておめでとうございます。

 世界経済が不確実性をはらんだ情勢となっている中、2020年は、本社が移転し、社名を変更する節目の年でもあります。年頭にあたり、3つのメッセージを送りたいと思います。

 
  1. シンプルかつスピーディーを念頭に、「Hitachi High-Tech SPIRIT」を発揮しよう
  2. コンプライアンスを遵守しながら、自律分散型の組織づくりをめざそう
  3. 専用市場をリードし、社会価値を高めることで、無くてはならない存在になろう

1. シンプルかつスピーディーを念頭に、「Hitachi High-Tech SPIRIT」を発揮しよう

 昨年策定した企業ビジョン「ハイテクプロセスをシンプルに」は、現代社会のニーズに率先して取り組み、お客様にとって満足度の高いソリューションを提供しようという姿勢を表しています。ハイテクプロセスをシンプルにするためには、非常に高度で複雑な技術・ノウハウが要求されるのと同時に、スピード感のある対応も不可欠であるため、今年からDX(デジタル・トランスフォーメーション)を実践し、業務プロセスの変革とスピード向上を図っていきます。皆さんには「Hitachi High-Tech SPIRIT」の「CHALLENGE」「OPEN」「SPEED」「TEAMWORK」を十分に発揮しながら、社会やお客様が求めるソリューションを的確に提供し、日立ハイテクグループの存在意義をさらに高めていただきたいと思います。

2. コンプライアンスを遵守しながら、自律分散型の組織づくりをめざそう

 今日のグローバル市場においては、多様性かつ主体性を持った現場の判断力が重要になります。もちろん、すべての事業活動の基本となる「コンプライアンスの順守」と「安全第一」は、何よりも優先されなければなりません。「仕事の上でウソをつかない」「仕事の上で人に知られて困ることをしない」という2点を固く守り、日々の業務に向き合ってください。その上で、それぞれの組織のリーダーを中心に、一人ひとりが臨機応変に対応できる、自律性の高い組織をめざしてほしいと思います。皆さんには引き続き「変える勇気、変わる勇気」を持って、「何もしないことが損失につながることもある」ということを意識して、チャレンジし続けていただきたいと思います。

3. 専用市場をリードし、社会価値を高めることで、無くてはならない存在になろう

 「2021中期経営戦略」の経営方針では「グローバル成長市場におけるFocused Solutions Company」を掲げました。これは、汎用市場の中から個別化・高度化するお客様の課題を把握し、その課題にフォーカスしたソリューションを提供することで専用市場を創出し、その市場において無くてはならない存在になることを意味しています。そして、グローバル市場で存在感を示すと同時に社会価値の高い企業へと躍進していくことも重要です。事業を通じて社会の要請や期待に応えることで、社会的責任を果たす企業が、世の中から必要とされる社会価値の高い企業と言えます。持続可能な社会を実現するために、私たちは常にグローバルな視野を持ちながら社会対応力を発揮し、日立ハイテクグループならではの価値を世界に提供していきましょう。

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

報道機関お問い合わせ先
CSR本部
CSR・コーポレートコミュニケーション部
担当:西川、佐藤
TEL: 080-9207-5949
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。