ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

日立ハイテク サプライチェーンマネジメント(SCM)を強化
~福岡・大牟田に高効率の自動倉庫完成~

2021年9月17日

 株式会社日立ハイテク(社長:飯泉 孝/以下、日立ハイテク)は、※BCP拠点である株式会社日立ハイテク九州(取締役社長:稲野辺 剛/以下、日立ハイテク九州)のSCM強化を図るため、医用製品および消耗品製造に使用する、各種部品の受入・検査・仕分・配送を担う新倉庫(名称:「大牟田ecoサイトAG(Ariake Gateway )棟」)を竣工いたしましたので、お知らせいたします。

 

大牟田ecoサイトAG棟
【大牟田ecoサイトAG棟】

  • ※BCP (Business Continuity Plan):事業継続計画

AG棟の概要

  • 所在地:福岡県大牟田市健老町
  • 敷地面積:約9,000m2
  • 延床面積:約3,100m2
  • 構造:鉄骨造

AG棟建設の経緯

 2016年に日立ハイテク九州設立。医用/バイオの消耗品と免疫装置の製造を開始。2018年10月からは検体搬送装置の製造も行っている。
 従来、部品の保管、生産ラインへの部品供給は鳥栖市にある賃貸倉庫に業務を委託していたが、生産ラインとの一体的な運営による事業の効率化を図るため、近隣で交通アクセスに優れた大牟田エコタウンにAG棟を建設した。

AG棟建設による効果

 日立ハイテク九州で製造する製品の前工程部分(部品受入、部品検査、生産ラインへの供給等)を大牟田エコタウンに集約することで、輸送費削減、JIT配膳、品質管理、業務の効率化を図るとともに、製造基盤の強化を実現する。

日立ハイテクに関するウェブサイト

日立ハイテク お問合せ先フォームへのリンクはこちら

日立ハイテク九州に関するウェブサイト

日立ハイテク九州 総合お問合せ先フォームへのリンクはこちら