ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

固体発光分光分析装置(OES)

固体発光分光分析は、金属資料をスパーク放電により励起し、発光スペクトルを観察することで、成分分析を行う分析で、カントバックとも言われています。
Hitachi High-Tech Analytical Science社ではCCDセンサやCMOSセンサを搭載した光学系を採用し、コンパクトなサイズで、多元素を同時に分析することを可能にしており、鉄鋼や鋳物、非鉄金属分析における、品質管理から研究用途まで幅広いラインアップを提供しています。
CCDセンサ搭載モデルとCMOSセンサ搭載モデルをラインアップしています。

加熱脱離質量分析計 HM1000A

卓上顕微鏡| Miniscope TM4000/TM3030Plus/TM3030 スペシャルサイト

日立コンビニラボ