ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

熱分析の原理をはじめ、示差走査熱量測定(DSC)、熱重量測定(TGまたはTGA)/示差熱・熱重量測定(TG-DTA)、示差走査熱量計熱分析(DTA)、熱機械分析(TMA)、動的粘弾性測定(DMA)といった各測定方法の定義と原理の解説です。併せて、新しい熱分析法についてもご紹介しています。

熱分析・粘弾性装置の製品情報はこちらから

日立ハイテクサイエンスの最新の熱分析・粘弾性システムTA7000シリーズでは、高感度センサ、自動化、試料観察、TGガス分析など、基本性能を大幅に向上させ、従来の熱分析では解析が困難だった新たなアプリケーションを提供します。