ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクソリューションズ

拡張現実(Aug·men·ted Re·al·i·ty)の技術を駆使して、デジタル情報と物理世界を融合させデジタルツインを実現

このような課題をおもちのお客さまに効果的です!

  • 熟練者が不足してきており、匠の技術・ノウハウの継承が難しくなってきている
  • 施設点検、整備作業に予想外の時間がかかっており、効率UPしたい
  • 保全情報やプロセス値を現場で見たいが、手間がかかる
  • 重要KPIである初回解決率(First Time Fix Rate)が上がらない

可視化

物理世界に現実や仮想デジタル情報を重ね、ユーザーの視界、知覚を強化します。

指示・案内

デジタル指示や専門家の即時アドバイスで、ユーザー作業の教育・指導トレーニングを行えます。

相互作用

デジタル画像を操作、または製品をAR画面上に拡張して相互に作用します。

AR(拡張現実)テクノロジーとビデオコミュニケーションの組み合わせ

手書きで描写した内容をAR空間上に保持・共有する機能を提供

※ 熟練の技術者が、不慣れな作業員に遠隔から作業指示が可能

AR(拡張現実)で製造現場の状況把握

次世代の保守点検業務をCAD-AR-IoT連携で実現できます。

現場でリアルタイムのデータを可視化、さらに操作手順のデモンストレーション確認が行えます。