ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

1. 2021中期経営戦略の位置づけ

 日立ハイテクは、積極的な成長戦略投資を継続しつつ、コア技術である「見る・測る・分析する」(計測・分析技術)を基盤に、技術・製品・サービスを通じてソリューションを提供することにより、社会課題解決の実現と収益性の向上をめざし、2019年度から2021年度までの「2021中期経営戦略」(以下、2021戦略)を策定しました。

2. 2021中期経営戦略の内容

(1)経営方針

グローバル成長市場におけるFocused Solutions Company

(2)中期経営方針

お客様の課題にフォーカスし、「見る・測る・分析する」を基盤とした技術・製品・サービスを通じてソリューションを提供

 2021戦略では、日立ハイテクグループのコア・コンピタンスである「見る・測る・分析する」「自動化・制御技術」「モノづくり力」「グローバル営業力/ビジネス探索力」を掛け合わせ、汎用市場の中から個別化・高度化するお客様の課題を把握し、課題にフォーカスした専用装置やサービス、ビジネスモデルといった特化型ソリューションを提供することで、希少性のある専用市場を創造しグローバルに拡大させていきます。既存のトップ事業のさらなる成長とともに、特化型ソリューションの提供による新たなトップ事業の創出・拡大に取り組んでまいります。

事業展開の基本スタンス

既存トップ事業のさらなる成長+新たなトップ事業の創出・拡大

3. 経営目標

 2021中期経営戦略では、次の経営目標を設定し、成長戦略実現に向けて取り組んでいきます。

経営目標