ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

[第1戦]2016年10月8日(土) 新潟県 五泉市総合会館大ホール

戦評/BOX SCORE

戦評/BOX SCORE
チーム名 1Q2Q3Q4QOT1OT2OT3TOTAL
日立ハイテク 20 18 17 12       67
新潟 17 18 6 16 57

前半序盤は、両チームシュートが決まらずリズムを掴めないゲームスタートとなりましたが、中盤以降、クーガーズは八木(#8:セイ)のバスケットカウント、石黒(#15:アズ)の3Pシュートをきかっけにリズムを掴みますが、新潟の攻撃も防ぎきれず点の取り合いとなり、38-35でクーガーズ3点のリードで前半を終了。

後半開始早々、菅原(#33:セン)の3Pシュート、鈴木知(#9:ツキ)のリバウンドシュート、八木(#8:セイ)の速攻と3連続得点で一気に新潟を突き放しました。
その後も、石黒(#15:アズ)、八木(#8:セイ)の連続3Pシュートで得点を重ね、新潟との開幕戦を67-57で勝ち星で飾ることができました。

[第2戦]2016年10月9日(日) 新潟県 五泉市総合会館大ホール

戦評/BOX SCORE

戦評/BOX SCORE
チーム名 1Q2Q3Q4QOT1OT2OT3TOTAL
日立ハイテク 15 14 21 18       68
新潟 13 17 13 15 58

前半は、両チームともミスを重ねリズムを掴めないまま29-30で新潟1点のリードで終了。

後半、鶴見(#13:アヤ)の攻撃をきっかけに、クーガーズは連続得点で逆転するも、その後は両チームとも点の取り合いに。
新潟のシュートが落ち始めると、クーガーズはリバウンドを制し、速攻や3Pシュートで得点を伸ばし、68-58で開幕2連勝を果たしました。

拡大

ジャンプシュートを決めるセン

拡大

レイアップシュートを決めるセイ

拡大

ジャンプシュートを決めるルノ

拡大

3Pを決めるアズ

拡大

リバウンドでボールに飛びつくツキ

拡大

パスを狙うアヤ

拡大

ジャンプシュートを決めるユウキ

拡大

シュートを決めるサキ

拡大

開幕2連勝を飾ったクーガーズ