ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

Naka-Marine Site マリンサイトについて

マリンサイトとは

マリンサイト写真

社会情勢の変化に伴い、AIやIoTの実用化、5G対応の進展による通信量の増加を支えるデータセンターへの投資が積極的に行われており、また、在宅勤務やオンライン授業の浸透によってタブレットやスマートフォンなどの需要も増加しております。
さらに、EVや自動運転など自動車関連向けにも半導体デバイスの需要は広がっており、半導体関連市場は今後も大いに成長・拡大することが見込まれます。
半導体製造装置および解析装置の設計・開発・製造を担う新工場「マリンサイト」は、このような市場環境の中、半導体製造装置を中心とした主力製品の生産能力拡充と、多様な製品ラインアップを実現する開発環境の構築を目的として竣工しました。

マリンサイトの概要
所在地 茨城県ひたちなか市新光町
敷地面積 約125,000 m²
延床面積 約50,000 m²
構造 鉄骨造 地上6階建
総投資額 約300億円
【主な特長】
DX推進による高効率・安定生産体制の構築と製品・ソリューション開発環境の充実
再生可能エネルギーによる運営でCO2排出ゼロ、脱炭素社会の実現に貢献
新入社員主導のプロジェクトにより屋上に巨大QRコードを作成

DX推進による高効率・安定生産体制の構築と製品・ソリューション開発環境の充実

マリンサイト写真

マリンサイトは、DX(デジタルトランスフォーメーション)を進め、IoTを活用した最新鋭のスマートファクトリーです。統合管理システムにより、生産進度、製品性能、生産環境などのモノづくりデータを一元管理し各工程の情報を可視化することで、開発・生産体制を高度化しています。また、部材の自動搬送やリモート調整の導入により一部の工程を自動化・無人化しており、高効率かつ安定的な生産を実現することで今後ますます成長する半導体関連市場に対応しています。さらに、お客様からの高精度な装置間マッチングの要求にお応えするために、お客様が半導体デバイスの生産時に使用するクリーンルームと同等の生産環境を構築するとともに、半導体製造装置と解析装置の設計者の連携をさらに深めることで、開発環境を充実させ、製品開発のスピードアップや製品競争力の強化を図り、半導体デバイス構造の微細化などに伴うお客様が抱える様々な課題解決にも貢献します。

再生可能エネルギーによる運営でCO2排出ゼロ、脱炭素社会の実現に貢献

日立ハイテクグループでは、2030年度までにCO2排出ゼロの実現をめざしており、各拠点の使用電力を順次、再生可能エネルギーに切り替えるなど、CO2排出量削減の取り組みを進めております。マリンサイトは再生可能エネルギーの利用と太陽光パネルの設置により、竣工当初からCO2排出ゼロとなり、脱炭素社会の実現に貢献しています。また、自社の環境負荷軽減に努めるだけでなく、環境配慮設計(エコデザイン)とライフサイクルアセスメントを導入した製品開発プロセスにより、設計・開発段階や製品使用の段階においても消費電力を削減できるなど、環境に配慮した製品を増やすことでバリューチェーンを通じたCO2排出量の抑制にも貢献しています。

アクセス

住所 〒312-8504 茨城県 ひたちなか市新光町552番53
アクセス方法 勝田駅からタクシーで20分
Tel 029-273-2111

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。