ページの本文へ

日立ハイテク
  1. Home
  2. 製品サービス・ソリューション
  3. 分析装置
  4. 原子吸光光度計(AA)

原子吸光光度計(AA)

原子吸光光度計(AA)

原子吸光光度計(AA)は、原子による光の吸収を利用することにより、おもに金属元素を定量分析する装置です。
日立原子吸光光度計では偏光ゼーマン補正法を採用し、安定かつノイズの少ないベースラインを実現、低濃度から高濃度まで精度よく測定することが可能です。主成分元素も微量元素も測定したいというニーズにお応えします。
累計出荷台数1万台を超える日立偏光ゼーマン原子吸光光度計の最新シリーズ、ZA4000シリーズの製品情報をはじめ、原子吸光光度計の原理やアプリケーションデータをご紹介します。

製品情報

日立偏光ゼーマン原子吸光光度計ZAシリーズの紹介です。

-

偏光ゼーマン原子吸光光度計 ZA4000
フレーム&グラファイト両用機

永久磁石を用いた偏光ゼーマン補正法とデュアル検知方式を採用し精度の高いバックグラウンド補正と安定したベースラインを提供します。ZA4000はフレーム法とグラファイト法の両方を兼ね備え、原子化部も独立した構造で、原子化部の切り替えも不要です。低濃度測定を行うグラファイト法においてもフレーム法からの汚染を気にすることなく安心してご使用いただけます。
低濃度から高濃度まで測定を行うことができるため、主成分元素も微量元素も測定したいというニーズにお応えできる装置です。

-

偏光ゼーマン原子吸光光度計 ZA4800
ラピッドシーケンシャルフレーム機

永久磁石を用いた偏光ゼーマン補正法とデュアル検知方式を採用し精度の高いバックグラウンド補正と安定したベースラインを提供します。ZA4800は新たな技術としてラピッドシーケンシャル方式を用いて複数の元素を連続測定することができます。従来技術と新技術の融合で装置起動から測定終了までの時間を大幅に短縮することができます。
沢山の元素を測定する上で測定時間を短縮し、ランニングコストを抑えたいというニーズにお応えできる装置です。

-

偏光ゼーマン原子吸光光度計 ZA4300
フレーム専用機

永久磁石を用いた偏光ゼーマン補正法とデュアル検知方式を採用し精度の高いバックグラウンド補正と安定したベースラインを提供します。ZA4300はフレーム専用機でホロカソードランプを点灯直後から安定した測定を行うことができ、スピーディーな測定に対応できます。オプションである水素化物発生付属装置においてもゼーマン補正を行うことができ、AsやSeの数µg/Lオーダーの測定でも安定した分析を行うことができます。

-

偏光ゼーマン原子吸光光度計 ZA4700
グラファイト専用機

永久磁石を用いた偏光ゼーマン補正法とデュアル検知方式を採用し精度の高いバックグラウンド補正と安定したベースラインを提供します。ZA4700グラファイト専用機で測定時の試料の乾燥、灰化、原子化、クリーン、冷却すべての工程でバックグラウンドを確認することができます。複雑なマトリックス試料の測定条件を作成する上で重要な情報を提供します。

-

偏光ゼーマン原子吸光光度計 ZA3000シリーズ

ZA3000はユーザーニーズに応え、偏光ゼーマン原子吸光光度計の高精度・高感度分析という基本性能を踏襲し、機能性・信頼性を向上させています。

原子吸光光度計のアプリケーション(測定事例)を紹介しています。

テクニカルサポート

原子吸光光度計に関連する最新情報をご提供しています。

DI対応支援機能装置のご紹介です。

「原子吸光光度計基礎講座」と題し、「原子吸光光度計とは」から「バックグラウンド(BKG)の補正方法(2)」まで、知っておきたい原子吸光光度計の基礎を紹介します。

スペシャルコンテンツ

原子吸光光度計に関する最新トピックをまとめました。

当社主催の原子吸光光度計ユーザースクールのご案内です。

製品ユーザー向け情報

当社の原子吸光光度計をお使いのお客様向けの情報です。

装置の保守・サービス会社である株式会社日立ハイテクフィールディングのサイトへジャンプします。

当社装置をお使いのユーザー様向けに、アプリケーションデータをはじめ各種情報をご提供しています。

生産を終了した製品一覧と、消耗品・修理部品の保有期限の一覧です。

偏光ゼーマン原子吸光光度計一万台納入記念

「社会科学の中で進化していく、日立の計測技術」