ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテクノロジーズ

反応過程近似解析ツール MiRuDa

反応過程近似解析ツール MiRuDa

分析装置から出力される反応過程データを使用して、効率よく装置や試薬等の状態等を確認することを目的としたツールです。個々の反応過程をリアルタイムに解析して、日常検査での反応過程データの活用をサポートします。

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクノロジーズ

近年、臨床検査室は精度管理を含む分析前後の過程を総合的に管理して、信頼性のある検査結果を報告することが求められています。信頼性を高めるために、患者検体の反応過程データを確認して、装置や試薬等の状態を確認することが重要視されています。

    特長

    MiRuDaとは?

    反応過程データの解析方法 〜反応過程近似法〜

    反応過程近似法は、個々の反応過程データを近似式で近似解析し、得られたパラメータからデータを解析する方法です。このパラメータを評価ファクターといいます。評価ファクターから反応過程データのパターンを評価します。

    反応過程データの解析方法

    ワークフロー

    ワークフロー

    乖離データの判別

    参考データを取得し、評価ファクターの分布に対して回帰線を算出します。
    参考データの分布から算出される判別基準から外れた反応過程データを乖離データとして判別します。

    乖離データの判別

    活用例

    反応過程データの確認をサポート

    再検査の判断に悩んでしまう。
    反応過程データをチェックしたいけど分析装置でデータを探すのは面倒だし・・・。
    もっと簡単に確認できないかな?

    解析データの乖離データのみを判別して表示します。乖離データとして判別されたデータ一覧を指定した装置、日時範囲で表示します。乖離データを「全て」、「データ未読」、「データ既読」の3種類から選択できます。乖離データ一覧で選択したデータの反応過程グラフと測定時の情報を表示し、反応過程データの確認をサポートします。

    反応過程データの確認をサポート

    *
    検査データのすべての異常を検出するものではありません。
    *
    乖離データは、すべてが異常なデータとは限りません。
    *
    参考データや判別基準の条件設定により、乖離データの乖離判別率は変わります。
    *
    乖離データの確認は、必ず使用者ご自身が行ってください。

    評価ファクターの時系列変化を表示

    装置で保管できるデータは限られる。
    データをさかのぼって確認できないのかな?
    長期で確認できるのは精度管理検体の測定値くらい。
    表計算ソフトでの解析が必要。

    指定した期間の評価ファクターや検体の測定値を時系列で表示できます。
    指定した期間の測定値と反応過程データの特徴を示す評価ファクターを同時に確認できるので、装置の管理に活用できます。

    評価ファクターの時系列変化を表示

    データを一覧表示

    データの解析をしていると、「現象は特定の検体ですか?」
    「いつ頃から発生していますか?」「ほかの項目では変化ないですか?」とか
    いろいろ質問されるけど、 まとめて確認するのは難しい。

    解析したデータの反応過程イメージを表示して、反応過程データを一覧で確認することができます。
    乖離データ(赤色)やデータアラーム付きデータ(黄色)を確認できます。
    また、選択したデータを重ね書きすることができます。
    条件を指定することで、分注日時、測定値、分析ユニット等の順序で並べ替えることができます。

    データを一覧表示

    *
    検査データのすべての異常を検出するものではありません。
    *
    乖離データは、すべてが異常なデータとは限りません。
    *
    参考データや判別基準の条件設定により、乖離データの乖離判別率は変わります。
    *
    乖離データの確認は、必ず使用者ご自身が行ってください。

    評価ファクターの分布を確認

    装置メンテナンス前後のデータを簡単にチェックしたい。
    精度管理検体の多重測定では気づきにくいし、
    反応過程を並べても違いに気づかないかも。

    反応過程データの特徴を表す評価ファクターの分布を確認できます。
    評価ファクターの分布は、装置メンテナンス等の作業の前後で反応過程データに変動がないかの確認に活用できます。

    評価ファクターの分布を確認

    *
    検査データのすべての異常を検出するものではありません。
    *
    乖離データは、すべてが異常なデータとは限りません。
    *
    参考データや判別基準の条件設定により、乖離データの乖離判別率は変わります。
    *
    乖離データの確認は、必ず使用者ご自身が行ってください。

    構成・仕様

    システム構成

    LABOSPECT 008 αとLABOSPECT 006を合計4台まで接続できます。

    システム構成

    仕様

    仕様
    項目 仕様
    解析方法 反応過程近似法
    データ解析 リアルタイム/バッチ処理から選択可
    解析項目数 200項目/装置(初期設定33項目)
    解析する検体の種類 一般検体、緊急検体、精度管理検体
    解析する分析方法 レートA、2ポイントエンド、1ポイントエンド
    保存データ数 約750万テスト(SVP内ハードディスク)
    外部出力 DVD-RAM、USBメモリ
    帳票出力 PDFファイル形式で保存可
    動作環境 解析用PC サービスプロセッサ(SVP)
    電源設備 AC100 V 50/60 Hz、ブレーカー容量10 A、コンセント3口
    *
    本製品は医療機器ではありません。
    *
    画面は一例であり、予告なく変更する場合があります。