ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

示差熱熱重量同時測定装置(TG-DSC) NEXTA STAシリーズ

示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)の最新シリーズです。
高評価を頂いていたデジタル水平差動天秤方式に加えて、新しく取り入れた天秤制御技術で、ugオーダーでのベースライン安定性、再現性を実現しました。また、高い温度制御技術による様々な温度プログラムへの対応、DTAからDSCに進化し比熱容量測定まで対応、試料観察測定の対応、新規に設計したガス流路によって高いレベルのガス置換性を実現しています。
従来の測定用途に加えて、先端材料の成分定量や、複合材料の成分定量、微量水分量の定量といった分析に威力を発揮します。

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

1.世界トップレベルのベースライン安定性、再現性

従来好評を得ていたデジタル水平差動方式に加えて、NEXTAでは新しい天秤制御技術を取り入れました。従来は、温度プログラムの履歴や周辺環境要因でのベースラインドリフトが発生していましたが、新しい天秤制御技術では、温度プログラムに左右されないベースライン安定性を実現します。

デジタル水平作動方式

2.高い温度制御技術により広がる測定用途

NEXTA STAで搭載している温度制御技術として、従来のアプリケーションである一定速度での昇温及び昇降温測定、CRTA(速度制御型加熱方式)に加え、新たに交流温度制御測定を搭載しました。
これまで以上にさまざまな用途の測定に対応します。

3.DTAからDSCに進化。DSCが実現する幅広い温度範囲での比熱容量測定

DTAからDSCに進化し、TGとDSCの同時測定を実現しました。また、温度変調DSC法を利用して、汎用DSCでは測定が出来ない幅広い温度範囲での比熱容量測定を実現しました。

4.Real View® 試料観察オプション

好評を頂いているReal Viewオプションがさらに進化しました。
測定中の試料を観察するだけなく、デジタルズーム、画像解析、測長機能、さらに色彩解析といった各種の解析機能を搭載し、様々なアプリケーションに対応できるようになりました。

*
”Real View”は株式会社 日立ハイテクサイエンスの日本及びその他の国における登録商標です。

仕様

仕様
 STA200STA200RVSTA300
天秤方式 デジタル水平差動型
温度範囲 室温~1100°C 室温~1000°C 室温~1500°C
TGベースライン1) <10 ug
TGベースライン安定性2) <10 ug
DSC機能 標準搭載
比熱容量測定 可能(オプション)
温度精度 +/-0.07°C
温度確度 +/-0.2°C
Real Viewオプション 非対応 オプション 非対応
ガスコントロール MFC標準搭載
1)
1000°Cまで20°C/minで昇温時の最大ドリフト量
2)
1000°Cで60min保持した際のドリフト量

アプリケーションデータ

熱分析・粘弾性装置のアプリケーションデータを、会員制情報サービスにて紹介します。ID登録されていない方は新規登録が必要です。

原理解説

熱分析の原理をはじめ、DSC、TG、DTA、TMA、DMAといった熱分析の各測定方法の定義と原理の解説です。

試料観察オプション リアルビューTA

想像の世界を視てみよう!試料観察オプション リアルビューTA。

TA7000シリーズご紹介

熱分析からレオロジー、光化学反応までソリューションを提供。

規格

熱分析・粘弾性装置の各規格をご紹介しております。

リンク集

熱分析・粘弾性に関係するホームページを集めました。

コラム

熱分析のトピックススをコラムにまとめています。

参考文献・発表リスト

熱分析・粘弾性についての参考文献・発表をまとめています。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。

加熱脱離質量分析計 HM1000A

卓上顕微鏡| Miniscope TM4000/TM3030Plus/TM3030 スペシャルサイト

日立コンビニラボ