ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

熱機械分析装置 TMA7000シリーズ

熱機械分析装置 TMA7000シリーズは従来機より、感度が2倍向上しました。 形状の制約が無い全膨張方式のため、薄膜や小片でも測定でき、幅広いサンプルに対応可能です。またプローブ交換だけで圧縮、針入、引っ張りモードへの変更が可能です。自動冷却ユニットなどのオプション類も充実し、熱膨張、熱収縮、軟化点、応力・歪、応力緩和、クリープ測定など様々なアプリケーションにおいて、使いやすさと高精度測定を可能にしました。

価格  ¥6,300,000~

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

1. 高感度

新開発の信号オプティマイズ技術を搭載することでノイズレベルを低減し、高感度測定を実現しました。

TMA7100のノイズレベル

2. 高温高湿条件でも測定可能

オプションの追加により、高温高湿条件でも測定可能です。また、この他にも膨潤測定や減圧測定への拡張も可能です。

3. エコタイプの冷却ユニット

液化窒素の消費量を約40%削減(当社比)したエコタイプの冷却ユニットです。 液化窒素を使用しない電気冷却ユニットにも接続が可能です。

電気冷却ユニットと全自動ガス冷却ユニット

4. 効率的な雰囲気制御

ガスコントロールにマスフローを内蔵することが可能となり、パージガスのON/OFF切換だけでなく、プログラム流量コントロールによる雰囲気制御が効率的に行えます。

5. 温度追従性が向上

新温度制御機能の搭載により、プログラム温度と試料温度のギャップ低減が図られ、温度追従性が向上しました。

仕様

仕様
型式名TMA7100TMA7300
試料管 石英製、金属型 アルミナ製
プローブ 石英製膨張・圧縮プローブ
石英製針入プローブ*2
石英製円錐プローブ*2
石英製引張プローブ
金属製引張プローブ
石英製曲げアクセサリ*2
サファイア製体膨張測定アクセサリ*2
アルミナ製膨張・圧縮プローブ
温度範囲 -170℃ ~ 600℃ 室温~1500℃*1
プローブ支持方式 カンチレバー方式
TMA範囲 ±5 mm
TMA RMSノイズ/感度 0.005 µm/0.01 µm
荷重範囲(分解能) ±5.8 N(9.8 µN)
プログラム速度 0.01 ~ 100℃/min
*1
1300℃を超えて、繰り返しご使用になる場合、ヒーター線の蒸発により加熱炉の消耗が早まる点にご注意ください。加熱炉の消耗による交換修理は、有償となります。
*2
オプション

関連データ

アプリケーションデータにて、多数の測定事例をご紹介しています。

アプリケーションデータ

熱分析・粘弾性装置のアプリケーションデータを、会員制情報サービスにて紹介します。ID登録されていない方は新規登録が必要です。

原理解説

熱分析の原理をはじめ、DSC、TG、DTA、TMA、DMAといった熱分析の各測定方法の定義と原理の解説です。

試料観察オプション リアルビューTA

想像の世界を視てみよう!試料観察オプション リアルビューTA。

TA7000シリーズご紹介

熱分析からレオロジー、光化学反応までソリューションを提供。

規格

熱分析・粘弾性装置の各規格をご紹介しております。

リンク集

熱分析・粘弾性に関係するホームページを集めました。

コラム

熱分析のトピックススをコラムにまとめています。

参考文献・発表リスト

熱分析・粘弾性についての参考文献・発表をまとめています。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。