ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

No. UV100003

リンは海水や湖沼水などの、富栄養化現象の原因物質の一つです。水質汚濁防止法では工業排水のリン含有量を許容限度として 1~6 mg/L と定めており、リンの濃度を測定することは、水質を評価する上で重要です。今回は排水中の全リンを共立理化学研究所製の全リン測定セットを用いて定量した結果を紹介します。 U-5100形と全リン測定キットを併用することにより、煩雑な前処理を伴う全リンの測定が容易に可能です。