ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

旧法:2007年3月1日適用開始
电子信息产品污染控制管理办法(和訳:電子情報製品汚染規制管理弁法)
現法(改正中国版RoHS):2016年7月1日適用開始
电器电子产品有害物质限制使用管理办法(和訳:電器電子製品有害物質使用制限管理弁法)


図3 電子電気製品有害物質使用制限
環境マークの例(5 mmX5 mm以上)

中国における電器電子製品(定格電圧AC1000V、DC1500V以下)への有害物質の使用(含有)を制限する法律。
対象製品は、今回の改正により拡大され、EU-RoHS2とほぼ同じくオープンスコープとなった。
制限物質は、現行EU-RoHS2と同じく6物質群であるが、含有を制限するものではなく、含有有無の表示を義務付けるものである。
将来的には、制限(第2ステップ)へ移行すると言われており、日程は未定ではあるが、段階的な準備が進められており、注視が必要である。
改正後の概要を表3にEU-RoHS2との比較にて示す。

表3 改正中国版RoHS概要(2016年8月1日現在、EU-RoHS2との比較にて)
  EU- RoHS
(現行:RoHS2)
中国版RoHS
(現行:改正中国版RoHS)
備考
(相違点 等)
対象製品 電気電子製品(定格電圧AC1000V/DC1500V以下) 電器電子製品(定格電圧AC1000V/DC1500V以下) 共に対象外機器が指定されているが、その機器は異なる
適用開始日 2013年1月3日(上市日) 2016年7月1日(生産日) 適用開始日の定義が異なる
制限物質
(最大許容濃度) 
鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE(Cd 100 ppm、他1000 ppm) 左記6物質及び国家の規定するその他の有害物質 現在は共に同じ6物質群
適用除外 あり なし(不含有要求でないため) EU-RoHSの適用除外は、中国版RoHSでは含有となる
要求事項1
(含有有無)
不含有の遵守 含有の有無の把握と表示義務
(含有:×、不含有:○)
・不含有とは、最大許容濃度以下であることを示す
・中国は含有可
要求事項2
(文書作成)
・技術文書(TD)
・自己宣言書(DoC)
取扱説明書等へ含有情報を記載 EU適用除外品は、中国では含有(×印)で表記
要求事項3
(装置表示)
CEマーク 電子電気製品有害物質使用制限マーク(図3参照)
製造年月日 等
図3の数字は、環境保護期限(生産者または輸入者が制定する製品寿命+調整期間)を“年”で示す
今後の主な動向
(注意点) 
・制限物質の追加
・適用除外の更新
・REACH規則との関係
・不含有要求(第2ステップ)への移行  
<参考>
包装材への対応
包装材指令により規制
・4重金属(Cd,Pb,Hg,Cr6+)
合計 100 ppm以下
別の国家標準(推奨)で規制
・リサイクルマークの表示
RoHSとは別の規制である
(旧法では要求事項に含まれていたが、改正中国版RoHSでは削除された)

備考:改正中国版RoHSの対象外機器(FAQ Q11より)

  1. 発電所、送配電施設、建築物給配電施設用のシステムおよび設備など、電気エネルギーの発生、輸送、配分に係る設備
  2. 軍事用の電器電子設備
  3. 特殊な環境または極端な環境に用いる電器電子設備
  4. 輸出用の電器・電子設備(注:輸出用の電器・電子設備は有害物質使用制限に関する輸出先国/地域の規定に適合しなければならない)
  5. 一時的な輸入品製品あるいは国内で修理し、ただし販売しない電器電子設備
  6. 科学研究/研究開発、テスト用の試験機
  7. 展示会、見本市などに用いるが、販売しないサンプル、展示品など。

以上機器の専用またはカスタマイズされた付属品を含む。