ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

【SEA1200VXによるポリエチレン樹脂標準の測定】

SEA1200VXでは、弊社独自開発の塩素用フィルタで大気中での塩素測定も可能です。真空条件下と違い、迅速な測定が可能です。加えて、大気雰囲気では液体や粉末でも測定することが出来ます。尚、塩素の検出下限は、大気雰囲気で20ppmであり十分に塩素の測定が行えると考えられます。

  • 大気雰囲気での測定も十分に可能
  • 液体・粉末でも塩素を測ることができる
  • 検出下限(PE中):大気中で20ppm
<測定条件>
測定時間(秒): 100 フィルター: Cl用
コリメータ: φ8.0mm マイラー:

OFF

励起電圧(kV) : 15 雰囲気: 大気
管電流(µA): 545 ピーキングタイム: 1.0usec
<BCR680中のClの測定>
認証値 810±16
  Cl濃度(ppm)
データ数 10
平均値 873
レンジ 34
標準偏差 11.4
CV値(%) 1.3



ポリエチレン樹脂標準の測定