ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

当社では、全従業員向け一般教育や拠点別EMS(環境マネジメントシステム)教育および環境事務局向けの専門教育を実施しています。

特に、毎年規制強化される環境法令への適切な対処に基づく環境法令リスク低減を目的に設置している「環境エキスパート*」の力量向上教育では、外部講師による環境法令改正の動向に関する座学に加え、個人および小人数グループ演習を通じて理解度向上を図っています。

  • * 環境エキスパートとは、日立ハイテクグループにおける省エネ活動や環境汚染防止および化学物質管理に関する6法令について、環境法令改正情報の適切な解釈ならびにその対応策の妥当性確認を行うことを目的として選出された要員

環境教育体系

環境教育体系の図

環境専門教育

日立ハイテクグループ全体に影響する環境課題の共有化(環境負荷低減に関する専門知識や環境法令改正対応)や環境管理レベルの向上(拠点間の相互環境監査)を目的に実施する教育。

拠点別環境教育

拠点特有の環境へ影響を及ぼす恐れのある業務や法令順守義務を満たす必要のある業務の従事者に必要な力量を備えていることを目的に実施する教育。

一般教育

階層別教育の中に環境教育の時間を設け、新入社員から管理者までを対象に、その階層に応じた環境知識の向上を目的に実施する教育。
また、日立グループ共通のe-Learningを日立ハイテクグループ全体に導入し、環境問題への理解、意識の向上に努めています。