ページの本文へ

日立ハイテク
  1. Home
  2. 企業情報
  3. サステナビリティへの取り組み
  4. 社外からの評価

社外からの評価

社外からの評価

(2023年3月現在)

区分 評価・認定機関 評価結果・認定内容
ランキング 東洋経済新報社 「第18回 CSR企業ランキング」 114位
(週刊東洋経済 2023年2月18日号にて発表)
日本経済新聞社 「第5回日経スマートワーク経営調査」4.0星に認定
(2021年11月、星数による5段階評価)
日本経済新聞社 「日経SDGs経営調査2022」3.5星に認定
(2022年11月、星数による5段階評価)
認定・評価 CDP*1スコア 2022年気候変動質問書で最高評価「A」、水セキュリティ質問書で評価「A-」を獲得
CDPサプライヤー・エンゲージメント評価*2 最高評価「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー」に2021年、2022年2年連続選定
経済産業省・日本健康会議 「健康経営優良法人2023(大規模法人部門)」に認定(6年連続)
経済産業省 令和2年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」に認定
厚生労働大臣 「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)に基づく認定(通称:「えるぼし」認定)の最高位(第3段階)を取得
NPO法人 J-Win*3 2022 J-Winダイバーシティ・アワードにて「ベーシックアチーブメント大賞」を受賞
厚生労働省 「プラチナくるみん」の認定を取得
(くるみん認定は2011年と2022年に取得)
work with Pride (wwP) *4 LGBTなどの性的マイノリティへの取り組みに関する指標「PRIDE指標2020」において「ゴールド賞」を受賞(「PRIDE指標2019」の「シルバー賞」よりランクアップ)

*1 CDP:英国の独立非営利団体。世界の投資家の依頼を受け、企業の「気候変動」「ウォーターセキュリティ」「フォレスト」に関する情報を調査し、評価・公開しています。CDPスコアはA~Dの8段階で評価され無回答はFとされます。

*2 CDPサプライヤー・エンゲージメント評価:企業が気候変動課題に対してどのように効果的にサプライヤーと協働しているかを評価するもので、CDP気候変動質問書の内、「ガバナンス」、「目標」、「Scope3排出量」、「サプライヤー・エンゲージメント」の4つの項目に対する回答に基づいて評価が行われます。

*3 NPO法人 J-Win:企業におけるダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援することを目的に、2007年4月に設立された企業メンバー制の団体。女性活躍についてのアドバイス、コンサルタントをはじめ、セミナーや講演、さまざまな調査など、企業におけるダイバーシティ・マネジメントの推進をサポートする各種活動を展開。

*4 work with Pride (wwP):LGBTに関するダイバーシティ・マネジメントの支援を行う任意団体。