ページの本文へ

日立ハイテク
  1. Home
  2. 製品サービス・ソリューション
  3. 分析装置
  4. 熱分析・粘弾性装置
  5. オプション
  6. 光化学反応熱熱量計オプション PDC-8

光化学反応熱熱量計オプション PDC-8

-

UV硬化に代表される光化学反応熱の検出を目的にした示差走査熱量計(DSC)のオプションです。

  • サンプルの光重合、光硬化等の反応挙動を測定
  • 波長依存性や照度依存性の解析が可能
  • 簡便に取り外しでき装着位置が再現できるアタッチメント

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

光照射DSC(PDC)は、高感度示差走査熱量計を利用して極薄フィルムや微量サンプルでも低ノイズで高感度なデータを得ることができます。光ファイバーによって紫外可視光線をサンプルとリファレンスの真上から照射するため、非常に高い照射強度が実現されます。照射強度は、光源光量と連続可変NDフィルターによって調整可能です。波長の選択は、フィルターを交換することによって容易に行うことができます。多機能シャッターコントローラーの採用で、0.1秒単位で照射時間を設定できます。シャッターの開閉は、手動または自動で行うことが可能です。光硬化樹脂の材料メーカーや光硬化性樹脂を使用した製造ラインのプロセス評価等で使用されています。

-
照射強度依存性
-
照射波長による反応の違い

仕様

型式 PDC-8
温度範囲 PDC使用時:室温 ~150℃
※本アタッチメント非装着時は通常のDSC仕様に準ずる
波長範囲 240~550nm 
波長選択 254,313,365,405,436nm
最大照射強度 500mW/cm2
照度強度調整範囲 0~100%(0.1%単位)

熱分析・粘弾性装置のアプリケーションデータを、会員制情報サービスにて紹介します。ID登録されていない方は新規登録が必要です。

熱分析の原理をはじめ、DSC、TG、DTA、TMA、DMAといった熱分析の各測定方法の定義と原理の解説です。

日立の熱分析装置が選ばれる5つの理由とお客様から寄せられた声をご紹介しております。

想像の世界を視てみよう!試料観察オプション リアルビューTA。

「高性能×安全性×高品質」を実現するNEXTAシリーズと測定事例をご紹介します。

熱分析・粘弾性装置の各規格をご紹介しております。

熱分析・粘弾性に関係するホームページを集めました。

熱分析のトピックスをコラムにまとめています。

熱分析・粘弾性についての参考文献・発表をまとめています。

装置の保守・サービス会社のご案内です。

標準規格に沿った測定をサポートするガイダンス機能や、初心者にも使いやすい測定モードを搭載した、新熱分析ソフトウェアの紹介です。

日立ハイテクサイエンス熱分析装置の歴史を紹介します。

関連情報

お問い合わせ