ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテク

リチウムイオン電池の製造工程で、全数検査が可能に。

X線インライン
異物検査システム

日立ハイテクでは、電極板など可視光では発見できない不透明な製品中の埋没した金属異物検査が可能です。検査幅とラインスピード等に応じた検査システムを提案いたします。X線異物解析装置EA8000Aとの組み合わせにより効率的な検査、解析が行えます。

インライン導入イメージ

ラインスピード50m/min、検査幅300mm(3ユニット構成)50μmの鉄異物を検出

X線インライン異物検査システム

導入形態について

生産ラインに組み込むインラインでの導入に加え、検査ラインを併設するニアラインでの導入も可能です。ニアラインの場合、現状の生産ラインを変更する必要がありません。

導入形態について

異物検出例(セパレータ)

送り速度:50 m/min
送り速度:50  m/min
送り速度:100 m/min
送り速度:100 m/min