ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

VULCAN

DSC
VULCAN
  • アルミニウム合金の分析と合金種判定
    アルミニウムは、低密度、軽量の為、用途の広い金属です。比較的高い強度と耐腐食性を持っています。それゆえアルミニウムが自動車や航空機で一般的に使用されています。アルミニウムは、紙やスチールに次いで、現在最もリサイクルされている材料の1つです。アルミニウム合金は通常、鍛造アルミニウムまたは鋳造のいずれかに分類されます。一般的に、元素が異なるアルミニウム合金があり各合金にはいくつかのグレードor合金種があります。
    レーザー誘起ブレークダウン分光法(LIBS)により一般的なアルミニウムシリーズを識別できます。
    ここでは、レーザー誘起ブレークダウン分光法(LIBS)のハンドヘルド型Vulcan Expertのご紹介します。

X-METシリーズ

X-METシリーズ
X-MET8000 Series
  • 現場で膜厚測定
    金属メッキは、装飾、腐食防止、硬度の増加、摩耗の低減として一般的に使用されています。
    製造現場では膜の厚み管理が求められます。
    金属メッキの分析手法としてエネルギー分散型X線蛍光(EDXRF)分光分析があります。迅速で簡単な分析が可能です。
    ここでは、ポータブルハンドヘルドXRFのX-MET8000シリーズをご紹介します。
X-MET8000 Series
  • 無電解ニッケルメッキの迅速な非破壊分析
    無電解ニッケルめっきは、サンプルの形状に関係なく均一な層を構築できます。
    耐食性、耐摩耗性、硬度などリン含有量の違いにより性質の異なる被膜が得られます。
    無電解ニッケルめっきは低リン、中リン、高リンタイプに分類されており、用途により適切なリン含有量のめっきを選択する必要があります。無電解ニッケルめっきはさまざまな産業で広く使われています。
    更に近年は、、無電解めっきによる成膜の技術は電子産業分野において必要不可欠な要素技術にもなっています。
    製品の品質を保つには、めっき厚み、組成を管理する必要があります。
    X-MET8000 Expertは、ハンドヘルドX線蛍光分析装置(XRF)で、NiPメッキの組成分析、厚み測定が可能です。ここでは、ポータブルハンドヘルドXRFのX-MET8000 Expertをご紹介します。
X-MET8000 Series
  • 触媒におけるプラチナ、パラジウム、ロジウムの分析
    セラミックベースの自動車用触媒コンバーターには、貴金属プラチナ(Pt)、パラジウム(Pd)、ロジウム(Rh)使用されています。貴金属の価値が高いため、使用済み触媒はリサイクルされます。これらのプロセスのいずれかのPt、Pd、Rh含有量の正確な分析が必要です(正確な価格設定)。ポータブルX線蛍光(XRF)により、迅速かつ正確な測定が可能です。
    ここでは、ポータブルハンドヘルドXRFのX-MET8000 Expertをご紹介します。
X-MET8000 Series
  • 高温度表面の分析
    PMI((Positive Material Identification:現地材質判定))検査時に蛍光X線分析は使用されます。製造過程にてサンプルが高温状態で分析を必要とします。正しい金属材料の組成なのか異常(重金属による汚染など)がないか確認することが重要です。蛍光X線分析は、PMI検査で正しい金属または合金を使用していることを確認するための、効果的で使いやすい方法です。
    ポータブルハンドヘルドXRFのX-MET8000 Expertは、高温のサンプル(合金)の検証時に、過酷な条件でも最高レベルのパフォーマンスを提供します。最大400 ℃の高温サンプルを合金元素について直接分析できます。持ち運びが簡単、試料の前処理が簡単、結果がすぐに得られます。
X-MET8000 Series
  • 溶接・溶接材料の分析
    溶接は材料を接合するプロセスである。
    溶接で使用する線材、鋼材、溶接金属などの事前チェックや使われた溶接材が適切であったかなどを非破壊で確認する必要があります。
    用途に合わない合金を使用すると悪影響を与える可能性があります。
    材料は多種多様になり可能なかぎり迅速に且つ精度よく検査をする必要があります。
    このようにハンドヘルドX線蛍光(XRF)は、急速に現場で検査するために一般的に使用されます。
X-MET8000 Series
  • 水道管の鉛定量
    水は地殻に豊富にあります。何世紀もの間、鉛(Pb)は水道管の製造に使用されました。 20世紀になって初めて、鉛が人体に有害であることを示しました。
    鉛の摂取または吸入は脳に損傷を与える可能性があります。公共の飲料水が厳格な安全要件を確実に満たすように、安全な水飲酒法は1974年に米国で導入され、その最新の改正(発行された2011年)には、設置時の「鉛フリー」パイプ、はんだ、フラックスの使用が必要です。有鉛はんだの使用はまだ普及しており、一部の真鍮製の蛇口や継手にはまだ鉛が含まれている場合があります。蛍光X線(XRF)は、実証済みの非破壊技術であり、金属を含む様々な材料の元素組成の合金を秒単位で検査可能です。。これにより、迅速なテストに最適な手法となっています。
X-MET8000 Series
  • プラスチック材料中の塩素測定
    プラスチックリサイクルプロセスにおけるポリ塩化ビニル(PVC)測定ニーズについて。
    プラスチックから高濃度のPVCが放出されることがあります。PVCは石積みを含むリサイクル装置を損傷する可能性があります。悪影響を及ぼした焼却炉でリサイクルされたプラスチックは、品質に悪影響を与える可能性があり再生プラスチックの価値を大幅に低下させます。このためPVCは、リサイクル施設で分別する必要があります。現場での迅速で簡単な選別にポータブルのエネルギー分散型蛍光X線(EDXRF)分光測定は、理想的な分析手法です。
X-MET8000 Series
  • 鋼上のZnNi被膜測定
    ZnNi皮膜の測定について。
    亜鉛ニッケル(ZnNi)は、鋼鉄で高性能な被膜です。
    最も厳しい環境でさえ高い電気伝導率と優れた耐食性が機能します。
    自動車、航空宇宙などによく使用されます。
    亜鉛‐ニッケル被覆の性質はその厚さと組成にの両方に依存します。
    被膜の厚さ及び組成を制御することにより、メッキ部品の機能要件を満たし、その運用コストが最小化されます。
    蛍光X線分析(XRF)は分析に広く使われている分析技術であり金属皮膜に対して信頼性と迅速な分析を提供します。
X-MET8000 Series
  • 鉄鉱石の迅速な現場分析
    鉄鋼石の迅速現場分析。
    鉄鋼石は最も重要で一般的な鉱石の一つである。鉄鋼石は、多くの鉱山で生産されていて中国、オーストラリア、ブラジルなど世界の大多数(98%)で鉄鉱石は鉄鋼製造に使われます。鉄は純粋な金属として自然界に存在しません。
    よって組成分析が必要となり現場で使用できるハンドヘルドX線蛍光は、広く使われている方法です。
    ハンドヘルド蛍光X線分析は、採掘現場で迅速に高精度な元素分析が可能なため、鉱石の品位判定などに有効なツールです。
X-MET8000 Series
  • めっき液の迅速なインライン分析
    めっき液の迅速なインライン分析
    電気めっきの金属含有量の監視と制御はコーティングプロセスに不可欠です。金属の場合めっき浴の濃度が高すぎる、または低すぎる場合、プロセスは、ふくれなどの質の悪い表面仕上げを提供する可能性がありますまたは不均一な着色など有害な影響を与えます。
    知見がなくても迅速で簡単な分析が可能なポータブルエネルギー分散型X線蛍光(EDXRF)分光分析は理想的な分析手法です。
    手軽に使用でき、手袋で操作できるX-MET8000は用途が広く、めっき浴の組成を監視できます。汚染物質を特定し、メッキ部品の厚みを確認できます。わずか1.5kgなので材料の受入検査から、工場全体で使用できます。
X-MET8000 Series
  • コルタンの迅速なフィールド分析
    タンタルは自然界では酸化物(Ta 2 O 5)としてのみ存在します。
    タンタル鉱石であり、最も豊富です。その広範な鉱物はタンタライトです。コロンバイトは化学的に類似しているため、2つの鉱物はしばしばグループ化されます。「コルタン」として呼ばれます。発生源は西オーストラリア、ブラジル、アフリカ、カナダ、グリーンランドで豊富に発生し、タイとマレーシア。タンタルは鉱石から抽出され、超合金および電子部品の製造に使用されます。タンタライトの品質と種類(Ta2O5と特定の不純物の濃度)はさまざまです地域間によって、鉱石の価値と処理コストに影響があります。
    コルタンは湿式化学技術によって分析されます。サンプルを依頼分析(時には別の国に拠点を置く)に提出し、結果は数週間かかります。
    現場で鉱石を購入するディーラーは、迅速な価値の判定(金額)が必要です。迅速で簡単な分析の要件(非実験室スタッフ)各鉱山で、フィールドポータブルのエネルギー分散型蛍光(EDXRF)分光測定は、理想的な分析手法です。
X-MET8000 Expert Geo
  • 土壌中の現場汚染物質スクリーニング
    X-MET8000 Expert Geo forオンサイト汚染物質スクリーニング土壌中バックグラウンド鉛(Pb)、カドミウム(Cd)、水銀(Hg)などの重金属自然に地殻に発生します。これらは工業用から農業用、家庭用まで、多くの用途で、何年も使用されています。
    特定の地理的場所(古い工業地帯や鉱山などのエリア)に集中することがあります。
    これらの重金属と他の汚染物質への暴露は、低レベルでさえ人間に有害です。
    これらの使用が広く制限されている理由です。世界各国は厳しい規制と規則を制限している。
    例えば、住宅や遊び場に使用される土壌は、有毒金属の含有量をテストする必要があります。もし見つかったレベルが規制された制限を超えている場合は、土壌修復計画を作成する必要があります。
    米国のEPA法6200などの環境保護機関のガイドラインの環境スクリーニング課題に対応するためX-MET8000 Expert Geoが設計されました。
X-MET8000 Expert Geo
  • ASTMへの石油中の硫黄分析( D 4294 , ISO 8754 , IP 336 )
    国際海洋機関(IMO)では、2008年に大気汚染防止対策として船舶からの硫黄酸化物(SOx)排出削減のため、その燃料油中の硫黄分濃度の規制を導入しました。IMOは、一般海域における燃料油中硫黄分の規制値(現行3.5%以下)を0.5%以下に強化する時期を2020年1月1日から全ての船舶がこの規制に適合します。政府機関も、SECA「Sulphur Emission Control Area」で船に対してスポットチェックをします。
    潤滑油製造プロセスにおける品質管理・品質保証は必要不可欠です。エネルギー分散型蛍光X線分析装置は、シンプルな操作で簡単に潤滑油中の無機元素成分の濃度を分析でき品質管理・保証を行うことができます。
    ASTM D5623 [1] :軽油中の揮発性硫黄含有成分の測定に関するガイドラインが規定されています。
    SECA「Sulphur Emission Control Area」:欧州の北海およびバルト海や北米沿岸海域など硫黄酸化物の排出規制海域
X-MET8000 Expert Geo
  • クロム鉱石の迅速なフィールド分析
    クロムは、様々な鉱物で自然に存在します。
    クロム鉱で経済的に採掘できる。(鉄クロム酸化物FeCr 2 O 4)クロム鉄鉱は東南アフリカ、カザフスタン、ジンバブエ、トルコで採掘される。
    クロムは腐食に強く、広く生産されています。
    クロム鉱石(ステンレス鋼,超合金,ニクロムおよびクロムめっき)は鉱石の価値と処理に影響します。
    鉱石を購入しているディーラーは、迅速な答え(金額)を必要とします。
    蛍光X線(ハンドヘルドXRF XRF)は、急速に知られて広く受け入れられている分析方法です。日立ハイテクのX - MET 8000は、調査の初期段階から廃棄物分析を処理する過程など様々な段階で使用することができます。
X-MET8000
  • 処理木材の迅速,現場分析
    住宅および商業における木材防腐剤(腐敗、菌類および昆虫)としてクロル化銅ひ酸塩は広く数十年使用されていました。CCA処理製品(クロム・ 銅・ヒ素化合物系木材防腐剤)の使用について、毒性や排水基準の強化などでほとんど生産されておりません。
    今後、建築物の解体に伴いこれまで使用されていたCCA処理木材が廃棄物として大量に排出されることが予想されます。蛍光X線(XRF)は、実証済みの非破壊技術であり、金属を含む様々な材料の元素組成を秒単位で検査可能です。これにより、迅速なテストに最適な手法となっています。
X-MET8000
  • 粉ミルク
    粉ミルクは、牛乳から水を除去され瞬間的に乾燥・冷却する事によって製造されます。
    水分が少ない為、細菌が繁殖できない状態となり保存性は牛乳に比べて格段に良いです。
    また、体積も減少するため、保管、移送にも利便性が高いです。
    毎年、800万トン以上の粉ミルクは世界中でさまざまな食品のために生産されています。乳児用調合乳、菓子、スポーツなどの製品栄養食品として製品が仕様を満たし、質、粉の構成を厳しく監視されます。
    通常、原子発光分析(ICP-AES)、を含む高度な分析を必要とします。
    最新のハンドヘルドX‐MET 8000(XRF)は、製造ラインでの粉乳中の無機栄養素含有量をより簡単で迅速な手順で、数分で分析結果(P、Cl、K、Ca、Mn、Fe、Cu、Zn)を提供する事ができます。

分野別

分野別
18
  • 工場に関わるPMI試験
    2005年テキサスで起きた爆発事故は、異なる材質の交換をつなぎ合わせたものに起因する事故でした。いま、工場の安全性に関わる事象として、改めて現場での成分分析の重要性が見直されてきています。本文書では、現場での成分分析の手法と、分析医に関わる法令等を合わせてご紹介します。
19
  • 自動車業界における金属分析
    自動車業界における最大の課題は排出炭素量の削減といっても過言ではありません。自動車メーカーは生産工程の効率化や、車体の軽量化、ガソリンの改善などで排出炭素量を削減しています。 本書では、アジア圏における各国の法令や規制などを紹介しながら、自動車部品の素材や、燃料、リサイクルなど自動車とかかわりの深い業界の変遷と、将来を案内します。
20
  • オンサイトPMI試験
    工場でのPMIにおいて、蛍光エックス線(XRF)、レーザー(LIBS)、発光分光(OES)のうち最適な分析手法がいずれかなのかについてご説明します。
21
  • 発光分光による鋳鋼の品質管理
    2016年は世界で7000万トン以上の鋳鉄が2万社以上のメーカーにより製造されました。その多くは発光分光(OES)の装置を用いて品質管理を行っています。炉の成分分析を行うことで、最終製品の不良率を大きく下げることができます。本書では、OESの製造工程での使用におけるメリットや、炭素分析のコツ、合金種判定、メンテナンスについて説明します。
22
  • オランダにおける老朽化した橋脚の分析
    オランダ ロッテルダムの実例をもとに、老朽化した橋脚や線路の鉄鋼や溶接部の分析を可搬型分析装置(PMI MASTER Smart)で行った事例を紹介します。同装置は測定物が大きく、現場から持ち運ぶことができないもの、または階段や梯子などを利用しなければいけないところにあるものなどに最適です。
23
  • CAA社における防食アノードの品質管理
    防食アノードオーストラレーシア社では、流電(犠牲)陽極のカソード防食を製造しています。同社では日立のOESを購入した理由を、検量線の校正が簡便で、自社で作成、調整ができ、工場間の相関を取ることが簡単であること述べています。
24
  • 分析装置ガイド
    XRF/LIBS/OES 最適な装置の選択

    XRF(蛍光エックス線分析)、LIBS(レーザ誘起ブレークダウン分析)、OES(発光分光分析)の選択に悩んだことはありませんか?それぞれの装置の特徴とともに、どの分析装置がどのような分析に最適かを解説していきます。
25
  • 可搬型装置を利用したGO社における材料受入確認試験
    グイドオデンタル社(独)では、ISO/IES 17025:2005に基づき製品の成分検査を受託している。近年、金属部材はその複雑さが急速に増大し、今まで以上により正確に分析をすることが求めらている。同社ではXRF(蛍光エックス線分析)とOES(発光分光分析)を利用して正確に、迅速に部材の受入試験を受託している。
26
  • 卓上発光分光装置を利用したKPK社におけるチル鋳造での成分分析
    カウスプレツィゾンコキレングス社(KSK社:独)は家族経営の中規模工場です。同社では金型や鋳型の製造、ダイカスト製品、CNC旋盤での仕上げを生業としています。納入先から品質管理の強化を求められ固体発光分光の導入を決意されました。真鍮、アルミニウム、青銅などの12種の非鉄金属を管理するために、発光分光に求めたこととは?
27
  • 可搬型発光分光装置を利用したSDバルブ社におけるバルブ材の品質管理
    道森股份では工業用パイプラインのバルブ製造を行っている中国の会社です。同社の品質管理部門では、どのようにして製造工程中の品質を保証し、どのようにして品質管理を行うかが命題でした。特に管理する元素は、鉄鋼中のニッケルと炭素でした。品質管理課ではモバイル型発光分光装置を3台導入し、この命題に立ち向かうことにしました。仕入れた部材を迅速に、かつ正確に分析することで、API 6D準拠の品質管理を達成しています。
28
  • 米国の電気設備における可搬型発光分光装置でのPMI
    PMIMasterシリーズはその可搬性で、現場での迅速かつ精密分析に大きく寄与します。建造物や、設置済みの配管などの溶接部の測定を、ラボの精度を現場に持ち出すことが可能です。現場での測定はASME Section 9準拠であることが求められますが、OESを使用することで対応が可能になります。
29
  • 可搬型発光分光装置を利用したEGAT社におけるジェネレータやトランスミッションの品質管理
    The Electricity Generating Authority of Thailandはタイの国有企業です。同社は同国のエネルギー省に管理に基づき、発電所の管理を行っています。同社では、仕入れた部材の全数確認検査を行うことが義務付けられているため、可搬型のOES装置 PMI Master Smartの導入を決定しました。かはんがたであることで、荷受け場での測定や、部材の大小にかかわらず測定が可能になりました。
30
  • 可搬型発光分光装置を利用したPTS社における化学工場や船上でのオンサイト分析
    Professional Testing Service社(PTS)はシンガポールの受託試験会社です。同社は可搬型 OES装置 PMI Master Smartを導入することで、現場や、船上での分析をおこなうサービスを開始しました。同社では、船上の輸送コンテナや化学工場での分析は、装置を7~8階まで持ち運ぶ必要があるので20kg以下の本装置が非常に役に立っているとコメントしています。