ページの本文へ

日立ハイテク
  1. Home
  2. ニュース・イベント一覧
  3. JASIS関西 2023

JASIS関西 2023

グランキューブ大阪にて開催される「JASIS関西 2023」でも、日立ハイテクブースでは「見る、測る、分析する」でお客様や社会課題の解決に貢献できる製品ラインアップをご案内いたします。
実機展示のほか、新技術説明会にて装置使用に関するノウハウのご案内や、分析トピックスをご説明いたします。
また、オンラインにて、いつでも、どこからでもアクセスが可能なJASIS WebExpo🄬もご活用いただけます。
ご来場が難しいお客様もご活用ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

JASIS関西 2023

開催日

2月1日(水)~2月3日(金) 10:00~17:00

主催者

一般社団法人日本分析機器工業会/一般社団法人日本科学機器協会

会場案内

グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5-3-51

出展製品:展示場所 イベントホール 小間No.F-12

実機

新型自動滴定装置new

パネル

新技術説明会

最先端の分析技術や注目のトピックスなどをご紹介します。ぜひご参加ください。

2月1日(水)

時間 会議室 定員 タイトル
13:00~13:30 1006・1007 100 測定前に知りたい!
原子吸光光度計の上手な使い方

測定前にチェックすべき項目をご紹介し、最適な条件で精度の高い原子吸光の測定をご提供します。
15:00~15:30 1006・1007 100 測定前に知りたい!
正しい理解と測定のための分光光度計の基礎!!

分光測定を始めたばかりの人も、良い結果が得られない人も、基本を見直してみませんか?分光光度計の原理・基礎についてご説明します。

2月2日(木)

時間 会議室 定員 タイトル
13:00~13:30 1005 60 再生プラスチックを「見る・測る・分析する」
~各種分析装置での評価事例~

日立ハイテクのコア技術「見る・測る・分析する」で再生プラスチックの評価を行った事例をご紹介します。
13:30~14:30 1008 100 ゲノムマップ解析プラットフォーム「HDマッピング」と小型卓上キャピラリシーケンサ「DS3000」を使ったゲノム構造解析
次世代シーケンサやロングリードシーケンサで検出困難な大きなゲノム構造多型を、「HDマッピング」と「DS3000」を使用して正確かつ費用対効果の高い方法で解析するワークフローをご紹介します。

2月3日(金)

時間 会議室 定員 タイトル
13:00~13:30 1006・1007 100 AFM100 Proによる高感度物性測定の最前線★
白色干渉顕微鏡(CSI), SEM, AFMのリンケージ最新アプリも一挙紹介

低ノイズ高感度化した光検出系を有するAFM100Proにより、物性測定の常識が変わります。また、CSIを中心としたデータ信頼性向上のためのAFMリンケージ、先進的なSEMリンケージ測定例もご紹介します。
13:30~14:30 1008 100 『NEXTAシリーズ』
さらに基本性能が向上した最新DSCとSTA(TG/DSC)装置

近年、材料や素材の高機能化・複合化に伴い、より精度よく測定できる高性能な装置が求められています。ベースラインの低ドリフト化や感度向上などを実現した熱分析装置による各種材料の測定結果等をご紹介します。
14:00~14:30 1005 60 蛍光X線分析の重要ポイントをお教えします!
あなたが知りたい分析の基礎から応用まで

XRFの原理や基礎及び装置の特長を活かしたアプリケーションのご紹介します。迅速・確実な分析のためのコツを体感。
14:30~15:00 1004 60 測定前に知っておこう!
ICP-OESの測定テクニックと最新装置のご紹介

測定を行う前に知っておきたい分析のテクニックと最新のICP-OESをご紹介します。
15:00~15:30 1006・1007 100 前処理でここまで変わる電顕データ!
クオリティ向上に必須の前処理手法のご紹介

SEM観察の幅を広げる前処理手法。イオンミリングなどを用い、観察品質を向上させた事例をご紹介します。

JASIS WebEXPO🄬

JASISをもっと活用していただくために作られた、Web上で開催される展示会です。
期間中、いつでも、どこからでもアクセスが可能です。
参加を希望される方は学会参加登録をお願いします。

*閲覧にはご登録が必要です

主催者サイト