ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

アミノ酸はUV吸収が弱いため、通常は誘導体化して測定します。カラムで分離溶出後、反応試薬を混合するポストカラム法の誘導体化試薬には、ニンヒドリン(NIN)とオルトフタルアルデヒド(OPA)があり、それぞれ異なった特長があります。
ここでは、NINポストカラム法を紹介します。

*:
Chromasterは、株式会社日立ハイテクノロジーズの日本およびその他の国における登録商標です。

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

再現性に優れた分析法

ニンヒドリン法は安定したベースラインが得られるため、再現性に優れ、ルーチン向けシステムとしてお使いいただくのに最適です。

長期間安定な試薬特性

ニンヒドリン試薬は室温で長期間安定であるため、試薬調製の頻度も少なく効率的に分析を進めることが可能です。また、試薬の安定性は、ベースラインの安定にもつながるため、データの信頼性も高くなります。

2波長同時測定によるPro(プロリン)の高感度測定

CM5420UV-VIS検出器の2波長測定機能を用い440 nmを同時に測定することでPro(プロリン)の感度向上を図りました。

<主な装置構成>
5110 ポンプ×2、5210 オートサンプラ(サーモスタット付き)、5310 カラムオーブン、
5420 UV-VIS検出器、5510 反応ユニット(N2ガス制御ユニット付き)、
アミノ酸NIN分析キット、カラム

*
詳細については、お問い合わせください。

NINポストカラム標準分析法

標準試料の測定例

薄口醤油の測定例

本分析条件では、他アミノ酸と同時にGABA(ガンマ-アミノ酪酸)とOrn(オルニチン)も検出されています。醤油など発酵食品に含まれるアミノ酸の網羅的な測定には、より多くのアミノ酸を同時に測定できる別法をご紹介します。

アプリケーションデータ

液体クロマトグラフ(HPLC)の測定例を分野別に紹介します。

HPLC基礎講座

「HPLCの原理とシステム構成」から「各種検出法の特長」まで、知っておきたいHPLCの基礎を紹介します。

UHPLC開発 -そのこだわりの世界-

日立UHPLCの開発設計に従事した3名の技術者へのインタビューを紹介します。

UHPLC ChromasterUltra® Rs 測定例

ChromasterUltra® Rs による最新のアプリケーションを紹介します。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。

 

関連製品

加熱脱離質量分析計 HM1000A

卓上顕微鏡| Miniscope TM4000/TM3030Plus/TM3030 スペシャルサイト

日立コンビニラボ