ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

1. 基本理念

登録名称株式会社日立製作所鉄道ビジネスユニット(以下、「当組織」と称す)は、地域環境保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、調達からサービスまでの研究、開発、設計、製造、販売活動における企業が関与可能な活動を通じて、当組織が持続可能な社会構築に貢献するため、生態系の保全及び気候変動を含む環境目標の達成に向けた活動を推進する。

適用対象組織を下記に示す。

  • 株式会社日立製作所鉄道ビジネスュニット秋葉原オフィス
  • 株式会社日立製作所鉄道ビジネスユニット笠戸事業所及び水戸交通システム統括本部
  • 日立交通テクノロジー株式会社笠戸事業所及び水戸事業所
  • 株式会社日立ハイテクノロジーズ電子デバイスシステム事業統括本部笠戸地区設計・生産本部
  • 株式会社日立プラントメカニクス笠戸事業所
  • 株式会社日立物流笠戸営業所

2. スローガン

『 みんなで取組む環境活動で美しい地球を 』

3.基本方針

適用組織において、トッブマネジメントの経営戦略・事業計画及び株式会社日立製作所鉄道ビジネスユニット以外の適用対象組織は各社の経営戦略・事業計画を考慮し、鉄道関連、産業・化学プラント、半導体製造装置の環境に配慮した製品を提供することにより、持続可能な社会構築に貢献するため、以下の方針に基づき環境経営、環境管理の向上を目指して活動を推進する。

  1. ISO14001規格を基に環境マネジメントシステムを構築し、当組織で働く、又は当組織のために働く全ての人の参加のもとに環境汚染防止の推進維持向上に努め、継続的改善を図る。
  2. 当組織の事業活動、製品、サービスの環境側面にかかわる法的要求事項及び受入を決めたその他の要求事項(利害関係者のニーズ及び期待を含む)を遵守する。
  3. 当組織は、経営戦略、事業計画及び持続可能な社会構築に貢献するため、次の項目を重点課題として設定し、活動を推進する。
    1. 持続可能な社会構築に貢献するため、環境への負荷を低減した製品を提供する。
    2. 地球温暖化防止を図るため、省エネルギー化を推進する。
    3. 廃棄物の発生抑制、再資源化を推進する。
    4. 化学物質の適性管理、削減により環境影響の軽減を図る。
    5. 外部及び内部の課題を特定し、決定された課題に対するリスクの低減、機会の向上を図る。
    6. 事業プロセスの統合を進め、業務の改善合理化を図り、経営及び環境改善を推進する。
  4. 本方針は、トッブマネジメントの経営戦略事業計画及び株式会社日立製作所鉄道ビジネスユニット以外の適用対象組織は各社の経営戦略・事業計画の変更、監査結果及び環境影響評価を踏まえ、目標を含め定期的見直しを行う。
  5. 本方針は、職場内に掲示及び従業員教育等により、当組織で働く又は当組織のために働く全ての人に周知・徹底を図る。
  6. 環境方針は要求があった場合には外部に開示する。

2018年4月2日
株式会社日立製作所 鉄道ビジネスユニット
日本・アジアパシフィック MD 光冨 眞哉