ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

薬物動態分析技術(D-PREX)用細胞間接着制御試薬キット【D-PREX Assay Kit】

薬物動態分析技術(D-PREX)用細胞間接着制御試薬キット【D-PREX Assay Kit】

D-PREX(Disposition Profile Exploration)とは、肝細胞培養物に細胞間接着を維持した状態で化合物を取り込ませた後、維持した状態と崩壊させた状態の細胞を調製し、その上清画分に含まれる化合物量から排泄評価する技術です。
【特許第6087264号】

     

    創薬プロセスでの問題点

    新薬開発では依然として承認までの成功確率が低く、その原因としては以下の2点が考えられます。

    1. ヒト薬物動態・毒性の各特性に合わない化合物が臨床試験に送り込まれている
    2. ヒトで有望な化合物が前臨床の動物による薬物動態・毒性試験で捨てられている

    プロジェクトの成功率を上げるためにはこれらの問題を解決する方法が必要です。

    D-PREX Assay Kitの特長

    D-PREX Assay Kit はヒト肝細胞サンドイッチ培養などを用い、in vitro にて肝細胞の細胞間接着の維持と崩壊を制御することにより、薬物およびその代謝物の排泄を評価できるキットです。
    これまでの試験法とは異なり、薬物・代謝物の細胞への取込から排泄(胆汁・血中)に至る振り分けを同じサンプルから同時評価することができる試験法です。

    • 薬剤の取込は、全て細胞間接着が維持された健全な培養物に対してのみに行うため、サンプル間での取込条件を合わせられます。
    • 細胞間接着の崩壊は、細胞溶解前の最後のステップのみのため、細胞への影響を低く抑えられます(細胞間接着の維持・崩壊の反復処理はありません)。
    • 薬剤の排泄評価には上清画分を用いるため、分析し易く、経時的な評価も行えます。

    D-PREX Assay Kitでヒト肝細胞を用いてin vitro評価することにより、事前に新薬候補化合物のヒト薬物動態特性を把握できます。もちろん、各種動物由来の肝細胞も適用可能なため、種差評価への応用も可能です。また、胆汁・血中排泄を一括評価できるため、例えば胆汁鬱滞型の薬剤性肝障害(DILI)の評価への応用も期待されます。

    D- PREX Assay Kitの内訳

    • 5種類の試薬の凍結品で構成されています
    • 24ウェルプレート1枚分の試験数(用時調製、使い切り)
    • 肝細胞は含まれておりませんので別途お買い求めください。
    • 化合物の定量には、その特性に応じてLCMS(RI実験の場合はシンチレーションカウンター)等の分析装置が必要となります。

    D-PREX アッセイの流れ

    細胞間接着の維持と崩壊を制御することにより、薬物・代謝物の細胞への取込から排泄(胆汁・血中)に至る振り分けを同じサンプルで同時評価します。

    D-PREX アッセイの流れ図

    実験例(アセトアミノフェンとその主要代謝物の排泄評価)

    D-PREX 実験例図

    D-PREX Assay Kit を用いて、アセトアミノフェン、アセトアミノフェン硫酸抱合体、アセトアミノフェングルクロン酸抱合体の振り分けを評価しました。

    総血中排泄 が 胆汁排泄 よりも高いため、アセトアミノフェンおよびその主要代謝物は血中への排出量が高いことが示唆され、尿中排泄され易い傾向をD-PREXでも評価できました。
    また、トランスポーター経由の血中排泄が高いため、アセトアミノフェンおよびその主要代謝物はトランスポーターを介して血中(尿中)に排泄されている可能性が高いということが示唆されました。