ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

アミノ酸はUV吸収が弱いため、通常は誘導体化して測定します。カラムで分離溶出後、反応試薬を混合するポストカラム法の誘導体化試薬には、ニンヒドリン(NIN)とオルトフタルアルデヒド(OPA)があり、それぞれ異なった特長があります。
ここでは、OPAポストカラム法を紹介します。

*:
Chromasterは、株式会社日立ハイテクノロジーズの日本およびその他の国における登録商標です。

価格:お問い合わせください

取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス

特長

蛍光検出による高感度分析が可能

OPA(蛍光誘導体化試薬)ポストカラム法により、ニンヒドリン法によるVIS検出に比べて高感度な分析が可能です。

*
試薬の寿命と使用する水の純度には注意が必要です。

「標準分析法」では、タンパク質加水分解アミノ酸(17成分)の分析が可能

<主な装置構成>
5110 ポンプ×3、5210 オートサンプラ(サーモスタット付き)、5310 カラムオーブン、
5440 蛍光検出器、アミノ酸OPA分析キット、カラム

*
詳細については、お問い合わせください。

OPAポストカラム標準分析法

標準試料の測定例

BSA加水分解物中のアミノ酸測定例

アプリケーションデータ

液体クロマトグラフ(HPLC)の測定例を分野別に紹介します。

HPLC基礎講座

「HPLCの原理とシステム構成」から「各種検出法の特長」まで、知っておきたいHPLCの基礎を紹介します。

UHPLC開発 -そのこだわりの世界-

日立UHPLCの開発設計に従事した3名の技術者へのインタビューを紹介します。

UHPLC ChromasterUltra® Rs 測定例

ChromasterUltra® Rs による最新のアプリケーションを紹介します。

保守・サービス

装置の保守・サービス会社のご案内です。

 

関連製品