ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

2016年10月11日

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

 株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:宮﨑 正啓/以下、日立ハイテク)の100%子会社であるHitachi High-Technologies Europe GmbH(取締役社長:小掠 義之/以下、日立ハイテクヨーロッパ)は、2016年10月7日、日立ハイテクヨーロッパの北欧地域における科学システム製品大手販売代理店であるSpectral Solutions AB(スウェーデン リディンゲ市、代表者:Mats Eriksson/以下、Spectral Solutions社)の全発行済み株式を、Skraken Förvaltning AB(スウェーデン リディンゲ市、代表者:Mats Eriksson)より2017 年4月3日付で取得する契約を締結しました。なお、契約締結後、Spectral Solutions社を日立ハイテクヨーロッパに吸収合併するための手続きを開始します。

 日立ハイテクグループでは、2020年に向けてさらなる成長を加速させるため、2016年度から2018年度までの「中期経営戦略」を策定し、事業ポートフォリオ戦略に基づく具体的な戦略施策を展開しています。科学システム事業においては、「モノを『見る』『計る』『解析する』」の領域で、イノベーティブな技術の開発、高品質な製品およびサービスの提供を通じて、科学と社会の発展に貢献することをめざしております。その中核となる電子顕微鏡事業は、電子顕微鏡を中心としたソリューションのラインナップ拡充と、成長の期待できるライフサイエンス、環境・新エネルギー、新材料などの最先端分野への深耕により、世界中の顧客に最も信頼されるパートナーとなることを通じて、電子顕微鏡のグローバルトップ企業となることをめざしております。

 Spectral Solutions社はその前身時代の1995年以来、20年以上にわたり北欧地域における日立電子顕微鏡の販売、サービスを行っており、当地域に強いネットワークを有しています。日立ハイテクヨーロッパは、北欧地域を含む欧州において電子顕微鏡ソリューションの一層の充実を図るため、Spectral Solutions社の全株式を取得して日立ハイテクヨーロッパへの吸収合併を進めることとし、完了後は日立ハイテクヨーロッパのスウェーデン支店として事業を継続する予定です。

 日立ハイテクグループは、今後とも、ハイテク・ソリューション事業におけるグローバルトップをめざすとともに、最先端・最前線の事業創造企業としてお客様視点に立ち、顧客および市場のニーズにスピーディーに対応してまいります。

Spectral Solutions社の概要

Spectral Solutions社の概要
商号 Spectral Solutions AB
所在地 スウェーデン リディンゲ市
代表者 Mats Eriksson
業務内容 北欧地域における科学システム製品の販売、サービス
従業員 7名
設立 2000年
資本金 11万ユーロ
出資比率 Skraken Förvaltning AB 100%

日立ハイテクヨーロッパの概要

日立ハイテクヨーロッパの概要
商号 Hitachi High-Technologies Europe GmbH
所在地 本社 ドイツ・クレフェルド市、支店 英国、フランス、スイス
代表者 小掠 義之
業務内容 医用機器、電子顕微鏡、分析機器、工業材料、その他の部品に関する売買、輸出入
従業員 117名
設立 1964年
資本金 313万ユーロ
出資比率 株式会社日立ハイテクノロジーズ 100%

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

報道機関お問い合わせ先
株式会社日立ハイテクノロジーズ
CSR本部 CSR・コーポレートコミュニケーション部
担当:佐野、松本  TEL:03-3504-3933
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。