ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

インドFlutura社への資本参加による戦略的パートナーシップ契約の締結

―IoT×AI活用アプリケーションによる製造業の課題解決支援を加速―

2017年12月11日

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

 株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:宮﨑 正啓)の100%子会社である株式会社日立ハイテクソリューションズ(取締役社長:飯泉 孝/以下、日立ハイテクソリューションズ)は、Flutura Business Solutions Private Limited(CEO:Krishnan Raman/所在地:インド バンガロール/以下、Flutura社)へ資本参加するとともに、戦略的パートナーシップ契約を締結しました。これにより、お客様が抱える課題解決を短期間かつリーズナブルに行うことが可能となります。

 近年、世界各国の製造業では、IoTの技術を取り入れて、課題である品質や歩留まりの改善、設備や機械の稼働率向上をめざした取り組みが始まっています。IoT技術を製造業の課題解決に活用するには、工場内のさまざまなデータを収集、可視化・分析するだけでなく、課題解決のための具体策を特定することが重要になっています。しかしそのためには、実証実験やデータサイエンティストの育成など、莫大な時間とコストがかかることが懸念されています。 Flutura社は、お客様が持つデータから分析モデルを構築し、IoTとAIの技術を用いた課題解決支援アプリケーションを開発・提供しています。すでに蓄積された多数のノウハウとアプリケーションモジュール(「Cerebra SignalStudio™」)により、通常約1年かかるアプリケーション開発を約90日間で提供し、さらに小規模でのアプリケーション展開が可能であるため、課題解決のためのコストを抑えることができます 。

 日立ハイテクソリューションズは、2016年8月にFlutura社の子会社であるFlutura Business Solutions LLC(CEO:Krishnan Raman/所在地:米国カリフォルニア州)と、課題解決支援業務アプリケーションをワールドワイドに提供する代理店契約を締結し、日本国内を中心に事業を展開してきました。このたび、Flutura社への資本参加および戦略的パートナーシップ契約を締結することにより、Flutura社と事業戦略やコア技術を共有してさらに強固な関係性を構築し、急速に拡大するIoT市場において課題解決のためのソリューションを提供してまいります。また、今後海外市場での事業展開をさらに加速し事業拡大をめざします。

 日立ハイテクソリューションズは、IoTプラットフォームやデータ分析ツールなど、IoTソリューションを十数年にわたり提供しており、Flutura社のサービスも加えることで、一層、製造業のお客様のお役に立つIoTソリューションを提供してまいります。

Flutura社の概要

Flutura社の概要
名称 Flutura Business Solutions Private Limited
所在地 Bangalore, India
代表者 Krishnan Raman
事業内容 データ分析に基づく企業の課題解決アプリケーションの開発
従業員数 約70名
設立年 2012年

お問合せ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

お問い合わせ先
ソリューション事業統括本部
ソリューション営業本部
IoTソリューション営業部
担当:高橋 TEL:050-3154-7558
報道機関お問い合わせ先
株式会社日立ハイテクノロジーズ
CSR本部
CSR・コーポレートコミュニケーション部
担当:佐藤、武内 TEL:03-3504-5001
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。