ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

使いやすさと信頼性を追求したダブルビーム分光光度計UH5200/UH5210を発売

 株式会社日立ハイテクサイエンスは、このたび、使いやすさと信頼性を追求したダブルビーム分光光度計UH5200/UH5210を日本国内向けに発売します。

1.製品概要

 UH5200/UH5210は、使い方に応じてスタンドアロン制御とPC制御の選択が可能です。
UH5200は従来機U-2900の後継機として、スタンドアロン制御が可能な分光光度計で、大形カラーLCDによる高視認性とキーパッドによる安心入力が快適な操作が可能です。U-2900の画面構成を踏襲することで、慣れた操作性はそのままに、新規グラフィックデザインを採用することで視認性を向上しました。オプションのUV Solutions プログラムを使用することで、PCでの制御も可能となります。
 UH5210はU-2910の後継機として、PC制御専用モデルとなっています(UV Solutions Plusプログラム、USBケーブル付属)。UV Solutions Plusは、データリストやデータ処理結果の表形式表示機能、レポートレイアウト機能、性能確認機能などが充実したソフトウェアとなっています。

2. 特長

用途に応じて選べる操作方法

UH5200(スタンドアロン制御タイプ)では、従来機U-2900の画面構成を踏襲することで慣れた操作性はそのままに、新規グラフィックデザインで視認性を向上しました。

メニュー画面・条件設定画面

UH5210(PC制御モデル)では、新データ処理ソフト UV Solutions Plusを採用し、快適な操作環境を実現しました。ご好評いただいているUV Solutionsと比較して、データリストやデータ処理結果の表形式表示機能、レポートレイアウト機能、性能確認機能などを充実させました。UH5200にはオプションのUV Solutions PlusソフトウェアにてPC制御が可能となります(USBケーブル含む)。

UV Solutions PlusによるPC制御に対応

視認性の向上と安心の操作性

なじみのある従来機U-2900の操作性を踏襲しました。UH5200では大形カラーLCDによる高視認性とキーパッドによる安心入力が快適な操作性をお届けします。
また、UH5200はバーコードリーダーに対応しています。USBポートから外部入力デバイス(バーコードリーダー・キーボード)の接続が可能です。バーコードリーダーにより試料名の登録が省力化されます。USBメモリによるデータ保存にも対応しています。

  • *外部入力デバイスはお客様準備品です

UH5200

ダブルビームによる安心した光学系

UH5200/5210の光学系は、凹面回折格子モノクロメータとして普及している瀬谷-波岡型モノクロメータを採用しています。
凹面回折格子は集光と分散の両方の働きを兼ね備えているためミラーの少ない光学系を作ることができます。分光光度計では、使用するミラーの枚数が少なくなれば光量の損失が減るとともに、光路が短くなり明るい光学系となります。日立独自のルーリングエンジンによる回折格子製作技術により、収差がなく明るい光学系が実現されます。
さらに、ハーフミラーで光路を2つに分け、光源を含めたエネルギー変化を補正するダブルビーム光学系により、長時間の安定性が確保されます。

ダブルビームによる安心した光学系

 なお、2022年9月7日(水)から9日(金)まで、幕張メッセ国際展示場(千葉県)で開催される「JASIS2022」において、本製品に関する展示を行う予定です。

お問い合わせ先

お問い合わせ頂く前に、当社「個人情報保護について」をお読み頂き、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。
当社「個人情報保護について」をよくお読みいただき、ご同意いただける場合のみ、お問い合わせください。

株式会社日立ハイテクサイエンス
営業本部 SP営業部
〒105-6411 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー
担当:藤田
電話:080-6735-6412 (直通)