ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

エコデザイン(環境配慮設計)の導入

日立ハイテクグループでは、2016年度から、エコデザイン(環境配慮設計)の新たな取り組みを導入しました。エコデザイン(環境配慮設計)の導入効果は、事業に伴う環境負荷を低減させるだけに留まりません。本取り組みは国際規格IEC62430*1に準拠しており、グループ内に世の中の潮流を踏まえた製品開発プロセスを浸透させることができます。また、グループ内の業務プロセスにも変革が求められ、技術者をはじめとする関係者の環境に対する意識の向上が期待されます。

組織内への浸透が成功の鍵となることから、各拠点において説明会、意見交換会を実施し、組織内への浸透を促進しています。

日立ハイテクグループは、自社の環境負荷低減に努めるとともに、お客様により環境に配慮した製品を提供し、環境負荷の低減を図っていきます。

*1
国際電気標準会議規格:電気・電子機器製品の「環境配慮設計」を定めたもの。

アセスメントの導入

製品ライフサイクル全般にわたる環境負荷の低減に向け、製品の開発プロセスに以下のように2つのアセスメントを導入しました。

1.環境配慮設計アセスメント

環境負荷の低減につながる取り組みを製品の開発目標に掲げ、環境配慮設計アセスメントツールで評価しています。

環境配慮設計アセスメントの構成

2.ライフサイクルアセスメント (LCA : Life Cycle Assessment)

開発製品と従来製品の仕様を比較し、環境に影響を与える製品ライフサイクル全てに関わる項目を定量的に評価しています。

ライフサイクルアセスメントの構成

エコデザイン(環境配慮設計)を導入し開発した製品

高性能FIB-SEM複合装置 Ethos NX5000

卓上顕微鏡 Miniscope® TM4000/TM4000Plus

加熱脱離質量分析計(フタル酸エステル類検査装置)
HM1000

高速アミノ酸分析計
LA8080 AminoSAAYA

ELR300形
日立インテリジェント投込式水位計

自動分析装置
3500

イオンミリング装置
ArBlade® 5000

透過電子顕微鏡
HT7800シリーズ

自動分析装置
LABOSPECT 008 α

新型走査電子顕微鏡
FlexSEM1000