ページの本文へ

日立ハイテク
  1. Home
  2. 技術情報
  3. AI・ICTソリューション
  4. AI×ICTライブラリー
  5. Chemicals Informatics
  6. 独自技術による「Chemicals Informatics」の「革新性」に迫る

独自技術による「Chemicals Informatics」の
「革新性」に迫る

2022.03.04

ホワイトペーパー

Chemicals Informatics

材料開発

マテリアルズ・インフォマティクス

2010年代に入り、米国マサチューセッツ工科大学などの研究グループが実施したMIを活用した共同研究では、実験をおこなわずに短期間で新材料を見つけるという快挙を成し遂げ、この事実は世界に衝撃を与えました。
弊社が開発した「Chemicals Informatics」は、このMIの分野における独自技術です。

資料目次

  • マテリアルズ・インフォマティクスとは?
  • Chemicals Informatics(ケミカルズ・インフォマティクス)とは?
  • 良特性の組み合わせを発見する「掛け合わせ探索」をサポート
    構造を掛け合わせた「単一化合物探索」
    化合物を掛け合わせた「複合材探索」
    膨大な公開データとAIが生成した新規化合物データを活用
  • Chemicals Informaticsの広い探索領域
  • Chemicals Informaticsの組み合わせ最適化 V.S. 配合比チューニング
  • まとめ

概要

Chemicals Informaticsの大きな特長は、「単一化合物探索」と「複合材探索」をサポートする「掛け合わせ探索」がおこなえること、また、探索領域も広く、1億1680万個の既存化合物データと、あらかじめAIで生成した新構造1140万と、105か国2500万特許から抽出した61種類4億個の特性データの中から、自社だけでなく他社も見落としている広大な化合物・複合材空間を高速に探索します。本資料では他のMIとの差異を明確にするとともに、「Chemicals Informatics」の特長をまとめています。
分野数×特性数の掛け算により、Chemicals Informaticsは幅広い用途でのご利用をめざし、さらなる拡張を進めてまいります。

ICTソリューション事業ICTソリューション事業 AIソリューション事業AIソリューション事業
ページ先頭へ