ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテクノロジーズ

あらゆるステージで活躍する日立のAFM

分野別

一歩先をゆく新たな計測ソリューション

現代のものづくりは様々なナノ材料が中核を担い、その材料の研究においては試料の表面形状と化学組成の高精度な測定が欠かせません。AFM5500Mは、SEMの形状、組成、元素分析とAFMの3D形状計測と力学物性情報や電磁気物性情報を融合する解析ソリューションや、大気中と真空化の双方における仕事関数測定、真空中の高感度MFM測定などを実現し、材料研究の場で求められている測定ニーズに的確に対応します。

座標リンケージによるSEMとAFMの同一視野観察

適用製品:

「SÆMic.(セイミック)」は、SEMによる形状、組成、元素分析(EDX)などと、AFMによる3D形状計測と力学物性情報(硬さ・吸着・摩擦)や電磁気物性(電流・抵抗・電位)、磁気物性(磁性)を同一箇所で解析評価を行うソリューションです。リンケージホルダーを用いることで、同一箇所でのSEMとAFM解析評価を高精度かつ手軽に実現します。

SEM-AFMによるリコレーション解析を実現

大気中/真空中の仕事関数測定

適用製品:

大気中と真空中における同一試料のKFM(Kelvin Force Microscopy)評価を行えます。大気中と真空中で異なる測定手法を用いて結果に差異が生じることなく、環境(大気/真空)に起因するような仕事関数計測への影響を調べることが可能です。

金属Pt試料およびNBドープSrTiO3試料の大気/真空KFM測定例

真空中の高感度MFM測定

適用製品:

磁性探針と試料に作用する磁気的作用をカンチレバー振動の位相変化として取り出し、画像化できます。真空中での測定が可能なため、大気中や溶液中のようにガス分子や液体による粘性抵抗がほとんどなく、適切なQ値を自動的に設定して高感度かつ高分解能な磁気イメージングが可能です。

MFMによるハードディスクの磁気記録状態の観察例
(大気中、真空中)

アプリケーション

走査型プローブ顕微鏡(SPM/AFM)のアプリケーション(測定事例)を紹介しています。

分野別

モード別

データギャラリー

製品ユーザー向け情報

当社の走査型プローブ顕微鏡をお使いのお客様向けの情報です。

カンチレバー一覧・操作ガイド

保守・サービス

生産終了製品のご案内

走査型プローブ顕微鏡スクール

走査型プローブ顕微鏡スクールのご案内です。SPM/AFMの概要、測定原理から実機の操作方法といったを中心にした、初心者の方に最適な内容です。

初めてお使いになるお客様へ

関連情報

S.I.navi

「S.I.navi」は、日立ハイテク取扱分析装置に関する会員制サイトです。
お客さまの知りたいこと、日々の業務に役立つ情報を「S.I.navi」がサポートします。

Semevolution

日立電子顕微鏡をご使用されているお客さまは、「S.I.navi」上で製品情報をご登録いただくと、日立電子顕微鏡ユーザー限定サイト「Semevolution(セメボリューション)」にて、さらに多くの関連情報をご覧いただけます。

展示会・セミナー

お役立ち情報