ページの本文へ

Hitachi

技術機関誌 SI NEWS日立ハイテク

特集

特集

こだわりの特集記事や特設企画をお届けします。

AS活動を推進するために~遺伝子解析と薬物血中濃度の活用提案

抗菌薬適正使用支援(Antimicrobial Stewardship:AS)とは、主治医が抗菌薬を使用する際、個々の患者に対して最大限の治療効果を導くと同時に、有害事象をできるだけ最小限にとどめ、いち早く感染症治療が完了できる(最適化する)ようにする目的で、感染症専門の医師や薬剤師、臨床検査技師、看護師が主治医の支援を行うことです。安易な(不適切な)抗菌薬の使用は耐性菌を発生あるいは蔓延させる原因となるため、AS を推進することは耐性菌の出現を防ぐ、あるいは遅らせることができ、医療コストの削減にも繋がるとされています。
エビデンスに基づいた薬物治療の実践例をご紹介します。

燃料電池の高い品質を支える高速X線検査技術

トヨタ自動車は2020年12月、新たな燃料電池自動車(FCV)として新型「MIRAI」を発表しました。このとき前面に打ち出されたのは、航続距離の延長、乗車定員の増加、スタイリッシュな外観といった性能とデザインに関する特徴でしたが、その生産技術においても、高品質、低コスト、高生産性を可能にする数々の画期的な技術革新がありました。
日立ハイテクとトヨタ自動車が協力し実現した、高品質と高生産性を両立する革新技術とは。
Nature Research Custom Mediaによる取材記事でお伝えします。

第74回 日本顕微鏡学会 in 久留米

福岡県久留米市で開催された第74回 日本顕微鏡学会 学術講演会において、SI NEWSに寄稿いただいた先生がたに、インタビューを敢行。学術講演会の発表内容や学会の感想などをお話いただきました。
産業とアカデミア、異分野交流の場としての活気ある雰囲気と共に、先生がたが見据えるこれからの電顕解析イメージングの潮流をお感じいただけたらと思います。

低真空SEMで見る3Dの世界とその可能性~腎生検標本への新たなアプローチ~

低真空走査電子顕微鏡(低真空SEM)が持つ特長に着目し、新たな腎生検病理組織解析法の開発に至った鳥取大学医学部解剖学講座の稲賀すみれ氏。低真空SEMを用いた生検組織解析が果たす役割りとその意義について、開発者の稲賀氏、腎臓病理学・腎臓病理診断のエキスパート、東京腎臓研究所所長の山中宣昭氏、そして稲賀氏とともに低真空SEM解析法を実践してきた鳥取大学医学部周産期・小児医学分野准教授、岡田晋一氏にお集まりいただき、お話をうかがった。

登録記事数 203
まだまだあります。