ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

位相モード(PM: Phase Mode)

原理: DFM(Dynamic Force Microscope)測定において、試料表面の吸着や粘弾性を反映しているカンチレバー振動の位相信号を表面形状像と同時に検出し、位相分布像を得ます。

吸着が小さい、表面が硬いといった場合、位相の遅れが小さくなります。また、吸着が大きい、表面が軟らかいといった場合、位相の遅れは大きく検出されます。


カンチレバーの位相遅れと表 面物性の関係

【位相モードの用途】

  • 形状だけではわからない微妙な表面物性の違いを見る
  • 高分子ブレンドポリマーの相分離構造の解析
  • ラメラ構造の可視化
  • 他の多機能モードの前段階テスト測定

位相モード(PM:Phase Mode)の適用例

スチレン-ブタジエン-スチレン(SBS)のミクロ相分離構造


<参考資料>