ページの本文へ

Hitachi

電子顕微鏡・医用機器・ライフサイエンス製品日立ハイテク

ナノアート

2020年度作品「アザミの庭」

アザミの庭

©(株)日立ハイテク 土谷 美樹、竹内 秀一

光触媒に使われるTiO2を観察しました。これらは比表面積を増やして触媒の働きを高めるために、ナノ粒子を針状に成長させて、丸く放射状に広がった構造をとっています。この球体構造を、初夏に咲くアザミに見立てました。花に誘われ、蝶も一匹隠れているようです。

2020年(第76回)日本顕微鏡学会
写真コンクール 最優秀写真賞受賞作品

撮影条件

  • 試料:TiO2
  • 測定装置:超高分解能電界放出形走査電子顕微鏡 Regulus8220
  • 加速電圧:2 kV
  • 観察倍率:13,000倍
*
: 作成者の所属情報は作成当時の情報です。
*
: この作品は日本顕微鏡学会主催、「写真コンクール」に出展された作品です。
*
: nanoart®に掲載された写真、文章の無断転載を禁じます。
*
*
: nanoartは(株)日立ハイテクの日本国内における登録商標です。