ページの本文へ

Hitachi

日立ハイテクサイエンス

環境規制物質セミナー2017(岡山)

~ RoHS指令改正による追加規制物質「フタル酸エステル類」に関する動向と最新分析技術~

2017年11月10日

RoHS指令改正により、2019年7月から新たに4種類のフタル酸エステルが規制物質に追加されます。フタル酸エステル類は、樹脂やゴム等を柔らかくする可塑剤として、電線被覆材・電気絶縁テープ・包装用フィルムなどに広く使用されているため、電子・電気機器をはじめとする各メーカーでは、フタル酸エステル類の検査への対応が急務となっています。

日立ハイテクサイエンスは、この改正RoHS指令への対応に向けた取り組みをサポートするため、規制物質に関する動向からその管理方法までを解説する「環境規制物質セミナー2017」を開催いたします。

「環境規制物質セミナー2017」では、皆さまの業務に役立つ追加規制物質に関する動向と最新分析技術を交えた多数のプログラムをご用意しています。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

開催概要

開催日

2017年12月6日(水)

開催時間

13:00~17:00(受付12:40~)

参加費

無料

会場案内

テクノサポート岡山
岡山県岡山市北区芳賀5301

定員

50名

プログラム 13:00~17:00

タイムテーブル

タイムテーブル
内容
開会の挨拶
IEC 62321(RoHS分析方法)に関する最新動向
-RoHS(II)の新たな規制物質の動き-
新製品 加熱脱離質量分析計「HM1000」開発コンセプト
フタル酸エステル類の分析について(前処理からGC-MS測定まで)
IEC 62321のCd,Pb,HgのICP分析手法
-各種電気・電子製品のサンプリング・前処理および測定-
蛍光X線分析装置による環境規制物質のスクリーニング
質疑応答、アンケート回答
  • * 演題につきましては、予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

お申し込み

下記のオンライン申し込みフォームよりお申し込みください。
お申し込みに当たっては申込みページに記載の個人情報保護に関する注意事項をご確認ください。
競合会社様からのお申し込みはお断りさせていただきます。

お問合せ窓口

ご不明な点につきましては、下記の担当者までお問合せください。

株式会社日立ハイテクサイエンス 西日本営業部
担当:松本、住谷
TEL:050-3131-6973