ページの本文へ

日立ハイテク
  1. Home
  2. 技術情報
  3. 電子顕微鏡/プローブ顕微鏡
  4. 走査型プローブ顕微鏡(SPM/AFM)
  5. AFMデータギャラリー
  6. 磁気テープのMFM観察

磁気テープのMFM観察

-
株式会社日立ハイテクサイエンス
ジャンル ストレージ, マグネティックス
モード MFM
測定領域 5µm, 2µm
ステーション AFM5000
装置 AFM5300E

解説

(a) Topo

(b) MFM.

Fig.1 MFM Observation of Magnetic Recording Tape (5µm)

(a) Topo

(b) MFM.

Fig.2 MFM Observation of Magnetic Recording Tape (2µm)

動画(1)

Fig.1は磁気テープの表面を5μmの領域でMFM測定した形状像と磁気像です。
Fig.2はその1部分を拡大して測定した結果です。

タイトル画像はAFM5000の新機能<形状像と物性像の重ね合わせ>を使った画像です。 形状の特徴と磁気特性を1つの画像で見ることができます。この例では、磁気微粒子の1個1個が、どのように記録磁化を形成しているかがよくわかります。

形状像と物性像の重ね合わせ>機能では、形状像と磁気像の混合比を任意に変えることが可能なので、この値を少しづつ変化させた重ね合わせ像で動画(1)を作ることにより、よりリアルに形状と物性の関わり合いを調べることができます。

関連リンク

関連情報

お問い合わせ

関連コンテンツ